同僚の女性を5回丸刈り 弁当店の元店長と娘に実刑判決

高松市内の弁当店で働く同僚の女性の頭を丸刈りにしたなどとして暴行や傷害などの罪に問われた元店長の中條久美子(53)、娘で元店員の河野裕子(35)の両被告=いずれも高松市=に対する判決公判が26日、高松地裁であった。
坂井唯弥裁判官は「日常的な暴力的言動にさらされた被害者が、被告らに逆らうのが困難な状態になっていたのを利用した悪質な犯行」などと指摘し、両被告にそれぞれ懲役1年4カ月(求刑懲役3年)の実刑を言い渡した。
判決によると、中條被告は2017年4月、店のアルバイトの女性(51)から現金100万円を詐取。今年4~5月には、両被告が共謀して別のアルバイト女性(25)の髪を5回丸刈りにした。
坂井裁判官は、中條被告に対して「暴行は顔面を殴ったり、複数回腹部を足蹴にしたりするなど執拗(しつよう)で悪質だ。(丸刈りでは)河野被告に犯行を命じ、バリカンを準備するなど重要な役割を果たしている。以前から被害者らに暴力的言動を繰り返してストレスのはけ口にしており、常習的犯行の一環と認められる」と指摘した。
河野被告については「はさみやバリカンで丸刈りにした暴行事件ですべて実行役を担当している。被害者の尊厳を顧みない悪質な犯行。顔面や頭髪などに相当の肉体的苦痛を伴う方法で連続的になされ、被害者の受けた精神的苦痛は甚大だ」と述べ、いずれも実刑が相当と結論づけた。
判決後、中條被告の弁護人は取材に対し、判決を不服として控訴する方針を明らかにした。河野被告の弁護人は「本人と話し合って決める」と話した。(長妻昭明)