東京“時短要請” 飲食店から不安の声も

28日夜からはじまる東京都の時短要請に対し、都内の飲食店からは、年末のかき入れ時の要請に不安の声も聞かれました。
東京・恵比寿にある飲食店・BROc&COLIでは、東京都が酒を提供する飲食店などに対し、28日から営業時間を午後10時までに短縮するよう要請したことを受け、通常は午前3時までの営業時間を5時間早めるということです。
BROc&COLI・佐渡敏朗代表「一番大切な時間帯をクローズするということは、すごくお店にとってとても厳しい状態。年末のすごく大切な時期だったので、びっくりしたところが正直な気持ち」
例年、この時期には年末の忘年会などの予約が10件以上は入っているということですが、今年はキャンセルになるなど、現在の予約は、ゼロだということです。
BROc&COLI・佐渡敏朗代表「一番はコロナを収束するのがすべてだと思っていますので、急がば回れという感じで頑張っていきたいと思っています」