同居25歳男性を撲殺…55歳“毒母”と19歳少年が加えた凄惨リンチ

「ここで生活したらええやん」
逮捕は6回目 性犯罪を繰り返すミスター慶応「鬼畜の所業」
毒婦はこう優しく声を掛けてきたという。
同居していた男性に十分な食事を与えず、暴行を繰り返し、殺害したとして、滋賀県警捜査1課は25日、いずれも同県愛荘町東出の無職、小林久美子容疑者(55)とアルバイト作業員の少年(19)を殺人の疑いで逮捕した。
■生活保護受けながら共同生活
周囲はのどかな風景が広がる田園地帯。亡くなった無職の岡田達也さん(25=当時)ら3人は2018年10月から小林容疑者が住む築28年、3LDK、家賃5万4000円のハイツで共同生活を始めた。岡田さんと小林は、それぞれ妻と夫と別居中で、小林は仕事をせず、生活保護を受けていた。
同居当初こそ友好な関係だったが、半年後、岡田さんが仕事を辞め、生活費を入れなくなった途端、2人が暴力を振るうようになった。19年5月下旬から岡田さんの食事を制限し、ささいなことで因縁をつけ、岡田さんの頭部や全身を素手や金属の棒で何度もボッコボコにどつき回し、蹴り飛ばした。岡田さんは左腕を骨折し、内臓を損傷するなど免疫力が著しく低下した。
同年10月25日夜、小林容疑者から「(岡田さんが)呼吸をしていない」と119番があり、岡田さんは意識を失ったまま病院に救急搬送され、翌日、腹膜炎などによる敗血症ショックで死亡した。全身に数十カ所の傷を負い、50キロだった体重は30キロ台になり、ガリガリに痩せ細っていた。
小林容疑者らは同年8~10月にかけ、岡田さんの兄(29=当時)に複数回電話をかけ、「おまえの弟の面倒を見とるんや。カネを送れ。150万円送らんかい。用意せんかったらヤクザを連れて行くぞ」とドーカツ。今年10月、2人は脅迫未遂で逮捕された。
「小林容疑者はなぜか『福田あいり』と名乗り、仲間からもそう呼ばれとった。小林は11年にも、以前住んどった別のアパートで多い時は9人で暮らしとった。家には内縁の夫や息子、岡田さんのような同居人もおった。その時も小林は今回の事件と同様、一緒に住んどった無職の男性(当時23)に1カ月半まともに食事を与えへんかった。『生活費を入れへん』いう理由で同居人の男3人と男性をブン殴り、体を踏みつけとった。男性は鼻骨、上顎と下顎の両方を折るなど、全治6カ月の大ケガを負い、命からがらアパートから逃げ出した。それで時効ギリギリの今月4日、小林容疑者を傷害容疑で再逮捕したんや。他にも被害者がおらへんか、調べてるところや」(捜査事情通)