マスク着けず「若造が!」と怒鳴った市議、今度は議会で市長を「あんた」呼ばわり

岡山県赤磐市議会で27日、一般質問が行われ、質問者の行本恭庸(ゆくもとやすのぶ)市議(73)が質問の中で、友実武則市長を「あんた」と呼び、友実市長に「神聖な議場で、『あんた』と言うのはやめていただきたい」と注意を受ける一幕があった。
行本市議はマスクの着用を求める市職員に対し「若造が」などとどなったとして、市側は今月、市議会に対応を求める申立書を提出。その後、これらが明らかになると、市議会には行本市議を批判する電話が多数寄せられたという。
行本市議は取材に「思わず口にしてしまい、市長に申し訳ないと思っている。言葉遣いに気をつけたい」と話している。