菅首相の政治資金報告書不記載イベント 脱法行為の疑いも

東京地検特捜部が安倍晋三・前首相の「桜を見る会前夜祭パーティー」の捜査に乗り出した。安倍後援会が毎年、桜を見る会に参加する地元支援者を集めて高級ホテルで開催していた宴会だが、政治資金収支報告書に収支が一切記載されていなかったことから、国会で追及を受けた。
【画像】収支報告書には不記載だった「すが義偉 春の集い」。横浜ロイヤルパークホテルの大宴会場、金屏風をバック。同様に不記載の「新春成田山初詣」の案内も
安倍氏と同様に、菅義偉・首相にも政治資金収支報告書に収支が記載されていないパーティーやイベントがあることがわかった。
菅氏が官房長官に就任して2年目の2014年4月19日午後、横浜ロイヤルパークホテルの大宴会場「鳳翔」で〈内閣官房長官 すが義偉 春の集い〉が開催された。パーティーは地元の情報誌「タウンニュース」(2014年4月24日号)で、〈菅官房長官 経済政策に自信示す 地元集会に2500人〉と紹介された。
菅氏の秘書出身の横浜市議・遊佐大輔氏がブログ(同年3月1日付)によれば会費は1500円だった。1500円で2500人が参加すれば収入は375万円になる。
しかし、菅氏の資金管理団体「横浜政経懇話会」や政党支部(自民党神奈川第2選挙区支部)の政治資金収支報告書には、このパーティーの収入も費用も一切記載がないのだ。
菅氏の「不記載イベント」はまだある。遊佐氏のブログには、2012年から現在までに、「成田山初詣バスツアー」「すが後援会ディナークルーズ」「すが義偉・なかよしゴルフコンペ」などの菅氏の後援会行事に参加したことが報告されているが、政治資金収支報告書を2012年までさかのぼっても(7年分)記載はない。
とくに成田山バスツアーは毎年バス25台、約1000人が参加する菅後援会恒例の大イベントで、今年は1月26日に開催された。毎年参加している支持者が語る。
「集合時間は朝7時20分、同じ町内の参加者とバスに乗り込む。成田山の駐車場につくと選挙区内の各町内から出発したバスが次々に集まってきます。参拝が終わると幕張のアパホテルの大宴会場で昼食の幕の内弁当を食べた。そこに菅さんが登場して盛り上がるわけです。帰りは房総をちょっと観光して横浜に戻る。会費の8000円は菅事務所に申し込み書を持っていって現金で払いました」
今年の初詣バスツアー申し込みパンフレットには「各実行委員会の問い合わせ先」として菅氏の元秘書で横浜市議の遊佐氏と渋谷健氏、そして新堀史明・神奈川県議の3人の後援会と菅事務所の電話番号が書かれている。バスツアーは共同主催なのか。新堀県議が意外な証言をする。
「正直言って、菅さんの初詣ツアーについては新堀後援会はほとんど関わっていない。参加者が会場に集まっているときに挨拶の機会をいただいて、すぐに帰るくらいです。実行委員会に名前を連ねていても、会費もいくらか知らないし、催しのことは菅事務所に聞かないとよくわからない」
遊佐氏も文書でこう回答した。
「ご質問の行事は「ゆさ大輔後援会」で行っているものではありません」
もう一人の渋谷氏は「マスコミによる調査その他への回答は、お断りしています」と回答した。
実は、会費1500円の「春の集い」も、実行委員会の連絡先の電話番号は菅事務所の番号だ。このスキームも安倍氏の「桜を見る会前夜祭」と酷似している。
「春の集い」もバスツアーも、実態は昔から菅事務所が主催してきたのではないか。政治資金研究の第一人者、岩井奉信・日本大学法学部教授が指摘する。
「会費制の支援者の会合やバスツアーは、政治団体の『その他の事業』にあたり、法律上、政治資金収支報告書に『記載しなければならない』と規定されている。
しかし、政治家にすれば、後援会イベントで赤字となって事務所が補填すると、地元への寄附と見られて公選法に抵触する可能性があるから、記載したくない。菅さんのように有志による実行委員会主催にして記載しないケースは多いが、連絡先が菅事務所であれば、菅さん自身の政治活動とみなされるから不記載は脱法行為の疑いがある」
後援会イベントの不記載問題では、これまでに数々の政治資金スキャンダルが起きた。自民党の小渕優子・代議士は後援会ツアーの政治資金虚偽記載問題で経産相を辞任、菅側近の菅原一秀・前経産相と萩生田光一・文科相も後援会バスツアーの不記載を批判され、報告書に記載するようになった。
野党では立憲民主党の近藤昭一氏が地元支援者向けのサマーパーティーや出版記念会を記載していなかった問題で副代表辞任に追い込まれ、報告書を修正した。
これらのイベントの主催者は誰なのか、費用を負担したことはないのか、菅氏は記録を克明に示して説明すべきだろう。
※週刊ポスト2020年12月11日号