特に明るい流れ星“火球”静岡県各地で観測

29日未明、流れ星の中でも特に明るい“火球”が静岡県内の各地で観測されました。
静岡第一テレビが浜名湖に設置しているカメラの映像。29日午前1時30分頃、南西の空に火球が現れ、明るく輝く様子をとらえていました。同じ頃、火球は100キロ以上離れた下田市のカメラにも映っていました。空が明るくなるのがわかります。
火球を専門に研究している神奈川県の平塚市博物館の学芸員・塚田健さんによりますと、今回の火球は西日本を中心に広い範囲で観測されたとみられるということです。