東陽町駅 視覚障害の男性ホーム転落…死亡

29日午後、東京メトロ東西線の東陽町駅で視覚障害のある男性がホームから線路に転落し、電車にひかれ死亡しました。
警視庁や東京メトロによりますと、29日午後1時前、東西線東陽町駅で白いつえを持った視覚障害のある60代の男性が、ホームから線路に誤って転落したということです。
男性は、ホームに入ってきた中野発、西船橋行きの電車にひかれ搬送先の病院で死亡が確認されました。