東京都で時短要請始まる「店畳んだ方が利口なのか」

東京都では酒を提供する飲食店などに対する午後10時までの営業時間の短縮要請が28日から始まりました。

 根室食堂・平山徳治店長:「(20日間は)長いですよ。短期集中とおっしゃるけど」

 東京・新橋の根室食堂はこれまでの時短要請にすべて協力してきました。今回も20日間の要請に応じますが、店長は今後に不安を募らせています。

 根室食堂・平山徳治店長:「早くお店を畳んだ方が利口なのかなと自分で自問自答することがある。借金が増えていく一方で、それを返す環境にない」

 時短要請は来月17日まで行われますが、都はこれに合わせて都庁やレインボーブリッジのライトアップを午後10時で消灯します。