コロナ「指定感染症」1年延長へ…厚労相「特性がはっきり分かるまで続ける」

田村厚生労働相は28日の読売テレビの番組で、新型コロナウイルスを感染症法上の「指定感染症」として扱う期間を1年延長し、2022年1月末までとする考えを示した。
田村氏は「ウイルスの特性がはっきり分かってくるまでは続ける」と述べた。
政府は2月1日、政令改正で新型コロナを指定感染症とした。これにより、感染者への入院勧告や就業制限などができるようになった。指定感染症の指定期間は1年。政令を改正すれば、さらに1年延長できる。