五輪選手のワクチン優先「おかしな話」 陸上代表・新谷仁美の考え

国立競技場で開かれる東京五輪の陸上のテスト大会(READY STEADY TOKYO)を翌日に控えた8日、出場選手の記者会見がオンラインであった。
東京五輪に出場する選手に新型コロナウイルスのワクチンが無償で提供される方針について、女子1万メートル代表の新谷(にいや)仁美選手(33)=積水化学=は「アスリートが特別というような形で聞こえてしまっているのが非常に残念。命の大きい、小さいはないので、五輪選手だけが優先されるのはおかしな話だと思う」と語った。自身が接種を受けるかどうかは「自分が受けないことで他人に危険が及ぶのであれば受けます。ただ、副反応がどう出るか分からないので恐怖もあります」と心境を話した。
ワクチンについては女子100メートル障害日本記録保持者の寺田明日香選手(31)=ジャパンクリエイト=も「医療従事者らに負担をかけてしまうことにつながるので、打つ必要があるのかなと感じている」。選手優先ではないか、と賛否があることには「私たちがワクチンを断って、それが皆さんに行き渡ればうれしい話ですが、それはかなわない。世界各国の動向を見ながら考えていきたい」と語った。