尾身会長「“宣言”今回で最後に」 政府に具体的な目標要求

政府の分科会の尾身会長は、緊急事態宣言は今回で最後にするべきだとして、政府に今後数カ月間の具体的な目標を示すよう求めた。
分科会・尾身会長「今回で緊急事態宣言、最後にして、もう1回緊急事態宣言を仮に出すとしても、なかなか私は協力を得られないと思う」
尾身会長は、ワクチン接種が進む今後数カ月間が正念場として、その間、大阪のような医療の逼迫(ひっぱく)を防ぐために何をするか、具体的な目標で示すよう政府に求めた。
また、インドから入国したあとの宿泊施設での隔離期間を6日間に延長することについては、理想的には2週間が必要との認識を示した。