西村氏と尾身氏、「宣言」解除は「ステージ2」目指す

西村経済再生相は9日のNHK番組で、5月末までの延長が決まった緊急事態宣言の期間中に、新型コロナウイルスの感染状況を示す指標で「ステージ2」までの改善を目指す考えを示した。
西村氏は宣言の解除基準について問われ、「(感染状況が2番目に深刻な)ステージ3を確実なものにして、ステージ2を目指していく」と述べた。一方で、「ずっと緊急事態を続けるわけにはいかない。(解除後の感染者を)大きな波にしない条件が整っているかを見ていきたい」とも語った。
専門家でつくる基本的対処方針分科会の尾身茂会長は同じ番組で、感染力が強い変異ウイルスの広がりを踏まえると、ステージ2相当まで落ち着いた段階で緊急事態を解除することが望ましいと語った。
緊急事態宣言は東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に発令中で、12日から愛知、福岡両県も対象に追加される。