【独自】茨城殺傷、事件前に被害者宅を下見か…押収カメラから動画復元

茨城県境町で2019年9月、会社員小林光則さん(当時48歳)ら家族4人が殺傷された事件で、殺人の疑いで逮捕された岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)(埼玉県三郷市)の自宅で押収されたカメラから、事件前の小林さん宅周辺を撮影したとみられる動画が見つかったことが、捜査関係者への取材でわかった。
茨城県警は、岡庭容疑者が現場を下見していた可能性があるとみている。
県警は、岡庭容疑者の認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、事件とは無関係とする趣旨の話をして、容疑を否認しているという。
県警は昨年11月、埼玉県警と合同捜査班を組んで三郷市の岡庭容疑者の自宅を殺人予備容疑で捜索。捜査関係者によると、ナイフ十数本や実験器具、薬品に加え、カメラも押収した。
消去されていたカメラのデータを復元したところ、小林さん宅近くの駐車場や北側の釣り堀付近から、小林さん宅を囲む樹木などを撮影したとみられる動画が見つかった。
小林さん宅の周囲には事件後、規制線が張られているが、動画には規制線が映っていなかった。
このため、茨城県警では、動画は事件前に撮影された可能性が高く、岡庭容疑者が現場を下見していた可能性があるとみて調べている。撮影された経緯や時期の特定を進める。 発表によると、岡庭容疑者は19年9月23日午前0時40分頃、小林さんと妻の美和さん(当時50歳)を刃物で複数回刺して殺害した疑い。当時、子供部屋にいた長男(14)は足を切られるなどして重傷、同じ部屋にいた次女(13)も催涙スプレーを手にかけられ、軽傷を負った。 捜査関係者によると、岡庭容疑者は事件前、インターネットで、サバイバルナイフや催涙スプレーを買い集めていたという。
発表によると、岡庭容疑者は19年9月23日午前0時40分頃、小林さんと妻の美和さん(当時50歳)を刃物で複数回刺して殺害した疑い。当時、子供部屋にいた長男(14)は足を切られるなどして重傷、同じ部屋にいた次女(13)も催涙スプレーを手にかけられ、軽傷を負った。 捜査関係者によると、岡庭容疑者は事件前、インターネットで、サバイバルナイフや催涙スプレーを買い集めていたという。
捜査関係者によると、岡庭容疑者は事件前、インターネットで、サバイバルナイフや催涙スプレーを買い集めていたという。