香川・ため池に転落 釣りに来た親子死亡

ため池で、釣りに来ていた6歳の男の子と33歳の父親が死亡した。
警察によると、9日午後3時40分ごろ、香川・丸亀市のため池、通称「原池」に人が落ちていると、近くの住民から、110番通報があった。
池の水面に、香川・綾川町の小学1年・十河桜雅君(6)が浮かんでいたほか、深さ3メートルの池の底から、父親の崇行さん(33)が見つかり、いずれも死亡が確認された。
2人は、釣りに出かけたまま、連絡が取れなくなっていたということで、警察では、何らかの原因で池に転落したとみて、くわしく調べている。