「買うのか、買わないのか。メディアを含め日本国民全体が問われている」DHC会長“ヘイト発言”に波紋

「#差別企業DHCの商品は買いません」

Twitterではここ数カ月、化粧品やサプリメントなどの大手製造販売メーカーDHCの不買運動に関する内容が相次いで投稿されている。
きっかけは去年11月、DHCのホームページに掲載された吉田嘉明会長のコラムだ。
「ほぼ全員がコリアン系の日本人です」
競合他社がCMに起用したタレントに対して“コリアン系”と表現した吉田会長。差別的表現がつづられたコラムに、非難の声が噴出した。
【映像】「母国に帰って」「NHKは日本の敵」 DHC吉田会長がコラムに掲載した内容(冒頭~)
事態は不買運動に加え、抗議デモが起きるまでに発展。こうした事態を受け、健康づくりや地域活性化を目的にDHCと包括連携協定を結んでいた一部自治体も対応の見直しを始めている。
ニュース番組『ABEMA Prime』では、企業による差別の問題にどのように取り組むべきなのかゲストとともに考えた。