新東名で少年野球チームのバス全焼…故障で停車、避難後に出火

9日午前11時40分頃、静岡県森町一宮の新東名高速道路下り線の遠州森町パーキングエリア付近で、マイクロバスが故障により路肩で止まったと非常電話から通報があった。
バスは全焼したが、浜松市の男性運転手(43)を含む計24人は避難し、けが人はいなかった。
県警高速隊によると、バスには浜松市の少年野球チームの児童が乗っていた。避難後に出火したとみられ、県警と消防が原因を調べている。この影響で、森掛川インターチェンジ(IC)―浜松浜北IC間の下り線が一時、通行止めとなった。