「1密」も要注意 変異株増え状況変化

新型コロナウイルスの感染対策として呼びかけられてきた「3密(密閉・密集・密接)」。
しかし、屋外での飲食など、「3つ」に当てはまらなくても感染したケースが相次いで報告されている。感染の第4波は若年層の感染者の増大が目立っており、路上飲みや屋外でのバーベキュー、自宅やレンタルスペースでの飲み会などが感染源として危惧されている。感染力の強い変異株の広がりは「1密」や「2密」でも感染する可能性を高めている。
■マスク・屋外なのに
「最近のクラスター(感染者集団)にはこれまでに見られなかった事例が出てきている」
西村康稔経済再生担当相は今月2日の会見で強調した。中高生が部活動後、車座でジュースを飲みながら会話をしていて感染者が出た事例などを紹介。「マスクをつけて会話をしていたけれど、近距離で大きな声で会話が弾むと感染する」と説明した。その上で、「1つの密だけでも感染が広がっているケースもある」と注意を促した。
横浜市では先月、大学生がダンスサークルの公演後に屋外で飲食を伴う会合を開き、参加者など52人の感染が確認された。埼玉県内でも屋外のバーベキューに参加した4人全員の感染が判明した。 これまでは「3密」の回避が呼び掛けられていたが、厚生労働省に対策を助言する専門家組織も「3密の場面だけではなく、2つあるいは1つの要素だけでも感染のリスクがある」と改めて言及した。 4都府県への緊急事態宣言は12日以降も延長され、愛知県と福岡県も追加される。酒類提供飲食店への休業要請も続けられる。こうした状況下で、自宅でのホームパーティーやレンタルスペースを借りての飲み会、河原など屋外でのバーベキューなどの開催が目立っている。 東京都北区の会社員の男性(27)は大型連休中に、知人らとレンタルスペースでの飲み会を予定していた。結局、予約が埋まっていて、利用できなかったというが、「飲食店で酒が飲めず、路上飲みでは長時間になるとつらい。レンタルスペースなら大丈夫だろうと思った」と話す。■若年層の割合高く 第4波では感染者全体に占める若年層の割合が高くなっている。東京都内では30代以下が2月9~15日に42・8%だったが、4月27日~5月3日には56・9%と過半数を占めている。 今月6日に開かれた専門家の会合では、全国的な傾向として、感染の中心は20~30代と分析。クラスターについても、飲食店に限らず、職場や部活、サークル活動などさまざまな場所で報告されているとした。 変異株の割合も関西では8割を超え、東京でも6割、愛知でも7割程度、従来株からの置き換わりが進んでいるとした。変異株については、精査が必要としながらも、「従来株より50歳以下の重症化リスクが高まっている所見がある」とし、これを想定して、医療体制の整備や治療を行う必要があると指摘した。
これまでは「3密」の回避が呼び掛けられていたが、厚生労働省に対策を助言する専門家組織も「3密の場面だけではなく、2つあるいは1つの要素だけでも感染のリスクがある」と改めて言及した。 4都府県への緊急事態宣言は12日以降も延長され、愛知県と福岡県も追加される。酒類提供飲食店への休業要請も続けられる。こうした状況下で、自宅でのホームパーティーやレンタルスペースを借りての飲み会、河原など屋外でのバーベキューなどの開催が目立っている。 東京都北区の会社員の男性(27)は大型連休中に、知人らとレンタルスペースでの飲み会を予定していた。結局、予約が埋まっていて、利用できなかったというが、「飲食店で酒が飲めず、路上飲みでは長時間になるとつらい。レンタルスペースなら大丈夫だろうと思った」と話す。■若年層の割合高く 第4波では感染者全体に占める若年層の割合が高くなっている。東京都内では30代以下が2月9~15日に42・8%だったが、4月27日~5月3日には56・9%と過半数を占めている。 今月6日に開かれた専門家の会合では、全国的な傾向として、感染の中心は20~30代と分析。クラスターについても、飲食店に限らず、職場や部活、サークル活動などさまざまな場所で報告されているとした。 変異株の割合も関西では8割を超え、東京でも6割、愛知でも7割程度、従来株からの置き換わりが進んでいるとした。変異株については、精査が必要としながらも、「従来株より50歳以下の重症化リスクが高まっている所見がある」とし、これを想定して、医療体制の整備や治療を行う必要があると指摘した。
4都府県への緊急事態宣言は12日以降も延長され、愛知県と福岡県も追加される。酒類提供飲食店への休業要請も続けられる。こうした状況下で、自宅でのホームパーティーやレンタルスペースを借りての飲み会、河原など屋外でのバーベキューなどの開催が目立っている。 東京都北区の会社員の男性(27)は大型連休中に、知人らとレンタルスペースでの飲み会を予定していた。結局、予約が埋まっていて、利用できなかったというが、「飲食店で酒が飲めず、路上飲みでは長時間になるとつらい。レンタルスペースなら大丈夫だろうと思った」と話す。■若年層の割合高く 第4波では感染者全体に占める若年層の割合が高くなっている。東京都内では30代以下が2月9~15日に42・8%だったが、4月27日~5月3日には56・9%と過半数を占めている。 今月6日に開かれた専門家の会合では、全国的な傾向として、感染の中心は20~30代と分析。クラスターについても、飲食店に限らず、職場や部活、サークル活動などさまざまな場所で報告されているとした。 変異株の割合も関西では8割を超え、東京でも6割、愛知でも7割程度、従来株からの置き換わりが進んでいるとした。変異株については、精査が必要としながらも、「従来株より50歳以下の重症化リスクが高まっている所見がある」とし、これを想定して、医療体制の整備や治療を行う必要があると指摘した。
東京都北区の会社員の男性(27)は大型連休中に、知人らとレンタルスペースでの飲み会を予定していた。結局、予約が埋まっていて、利用できなかったというが、「飲食店で酒が飲めず、路上飲みでは長時間になるとつらい。レンタルスペースなら大丈夫だろうと思った」と話す。■若年層の割合高く 第4波では感染者全体に占める若年層の割合が高くなっている。東京都内では30代以下が2月9~15日に42・8%だったが、4月27日~5月3日には56・9%と過半数を占めている。 今月6日に開かれた専門家の会合では、全国的な傾向として、感染の中心は20~30代と分析。クラスターについても、飲食店に限らず、職場や部活、サークル活動などさまざまな場所で報告されているとした。 変異株の割合も関西では8割を超え、東京でも6割、愛知でも7割程度、従来株からの置き換わりが進んでいるとした。変異株については、精査が必要としながらも、「従来株より50歳以下の重症化リスクが高まっている所見がある」とし、これを想定して、医療体制の整備や治療を行う必要があると指摘した。
■若年層の割合高く 第4波では感染者全体に占める若年層の割合が高くなっている。東京都内では30代以下が2月9~15日に42・8%だったが、4月27日~5月3日には56・9%と過半数を占めている。 今月6日に開かれた専門家の会合では、全国的な傾向として、感染の中心は20~30代と分析。クラスターについても、飲食店に限らず、職場や部活、サークル活動などさまざまな場所で報告されているとした。 変異株の割合も関西では8割を超え、東京でも6割、愛知でも7割程度、従来株からの置き換わりが進んでいるとした。変異株については、精査が必要としながらも、「従来株より50歳以下の重症化リスクが高まっている所見がある」とし、これを想定して、医療体制の整備や治療を行う必要があると指摘した。
第4波では感染者全体に占める若年層の割合が高くなっている。東京都内では30代以下が2月9~15日に42・8%だったが、4月27日~5月3日には56・9%と過半数を占めている。 今月6日に開かれた専門家の会合では、全国的な傾向として、感染の中心は20~30代と分析。クラスターについても、飲食店に限らず、職場や部活、サークル活動などさまざまな場所で報告されているとした。 変異株の割合も関西では8割を超え、東京でも6割、愛知でも7割程度、従来株からの置き換わりが進んでいるとした。変異株については、精査が必要としながらも、「従来株より50歳以下の重症化リスクが高まっている所見がある」とし、これを想定して、医療体制の整備や治療を行う必要があると指摘した。
今月6日に開かれた専門家の会合では、全国的な傾向として、感染の中心は20~30代と分析。クラスターについても、飲食店に限らず、職場や部活、サークル活動などさまざまな場所で報告されているとした。 変異株の割合も関西では8割を超え、東京でも6割、愛知でも7割程度、従来株からの置き換わりが進んでいるとした。変異株については、精査が必要としながらも、「従来株より50歳以下の重症化リスクが高まっている所見がある」とし、これを想定して、医療体制の整備や治療を行う必要があると指摘した。
変異株の割合も関西では8割を超え、東京でも6割、愛知でも7割程度、従来株からの置き換わりが進んでいるとした。変異株については、精査が必要としながらも、「従来株より50歳以下の重症化リスクが高まっている所見がある」とし、これを想定して、医療体制の整備や治療を行う必要があると指摘した。