「水際対策」これで大丈夫? “待機違反”1日最大300人

新型コロナウイルスの全国の重症者は1,176人で、過去最多となった。
こうした中、変異ウイルスによる感染急拡大を食い止めるため、鍵を握るのが「水際対策」。
政府は、外国からの入国者に対して、ほかの人との接触を避けるため、原則として、入国後14日間は、自宅や登録された宿泊施設などでの待機を求めている。
ところが今、こうした指示に従わない人が、1日およそ300人にのぼることがわかった。
厚生労働省によると、現在、自宅などで待機している人は、1日あたり、およそ2万人いるという。
こういった人たちは、自宅などで待機をする際に、「誓約書」を提出しなければいけない。
その誓約書の内容が、位置情報確認アプリを使って1日2回、今いる位置情報を報告すること。
そして、1日1回、健康状態の報告をする。
さらに、空港から自宅などに移動する際も公共交通機関は使用しない、レンタカーやマイカーなどを使うといった誓約。
ただ、これに違反をしても懲役・罰金などの罰則がないということで、こうしたことから、位置情報を報告しない人、中には、自宅などから離れていってしまう人が、1日およそ300人に達しているという状況。こうした状況を受けて、政府は、入国者向けの対策の強化を新たに決めた。具体的には、ビデオ通話での居場所の確認を毎日行う。仮に、位置情報などの報告がなかった場合には、重点的に見回り訪問が行われて、さらには、「氏名を公表する対象にしますよ」という警告メールも送られることになるという。そして、外国人には、在留資格の取り消しなどに至る場合もあるとして、水際対策に万全を期すとしている。
こうした状況を受けて、政府は、入国者向けの対策の強化を新たに決めた。具体的には、ビデオ通話での居場所の確認を毎日行う。仮に、位置情報などの報告がなかった場合には、重点的に見回り訪問が行われて、さらには、「氏名を公表する対象にしますよ」という警告メールも送られることになるという。そして、外国人には、在留資格の取り消しなどに至る場合もあるとして、水際対策に万全を期すとしている。
具体的には、ビデオ通話での居場所の確認を毎日行う。仮に、位置情報などの報告がなかった場合には、重点的に見回り訪問が行われて、さらには、「氏名を公表する対象にしますよ」という警告メールも送られることになるという。そして、外国人には、在留資格の取り消しなどに至る場合もあるとして、水際対策に万全を期すとしている。
仮に、位置情報などの報告がなかった場合には、重点的に見回り訪問が行われて、さらには、「氏名を公表する対象にしますよ」という警告メールも送られることになるという。そして、外国人には、在留資格の取り消しなどに至る場合もあるとして、水際対策に万全を期すとしている。
そして、外国人には、在留資格の取り消しなどに至る場合もあるとして、水際対策に万全を期すとしている。