茨城家族殺傷、容疑者宅を再捜索 靴など約30点を押収

茨城県境町で2019年に起きた家族殺傷事件で県警は12日、会社員小林光則さん=当時(48)=夫妻を殺害した疑いで逮捕した埼玉県三郷市の無職、岡庭由征容疑者(26)の自宅の家宅捜索を終え、靴やバッグなど約30点を押収したと明らかにした。事件との関連を調べる。
県警によると、家宅捜索は11日から2日間実施。岡庭容疑者が使っていたとみられる別棟の部屋には、窓に暗幕で目張りをするなどして、詳しい検証作業をした。
警察は昨年11月にも別の容疑で岡庭容疑者宅を捜索。捜査関係者によると、これまでに刃物10本以上や複数の薬品、衣服なども含め約600点を押収していた。