スギHD会長夫妻のワクチン便宜「市への支援、お返しできないかと」

新型コロナウイルスワクチンの接種で、愛知県西尾市の近藤芳英副市長がスギ薬局を展開する「スギホールディングス」(スギHD・同県大府市)創業者で西尾市に住む杉浦広一会長(70)、昭子相談役(67)夫妻の予約枠を優先確保するよう便宜を図っていた。
市は11日、記者会見を開き、中村健市長が「公平性を欠き、市民の信用を著しく損ねたことに心からおわびします」と謝罪した。
市によると4月12日、スギHDの秘書から市健康課に電話があり、会長夫妻の接種を「4月19日から始まる高齢者入所施設の枠でできないか」と依頼された。担当職員は断ったが再三の電話があり、簗瀬貴央健康福祉部長が「特別扱いできない」と伝えた。秘書から「夫妻は薬剤師なので医療従事者枠でできないか」との相談もあり、現場に出ているのか部長が聞くと「出ていない」との返事だった。感染者に頻繁に接する機会のある医療従事者を県は接種対象にしており、「疑問を感じた」という。
その後も電話は続き、部長が近藤副市長に相談。近藤副市長は「何とかならないか」と便宜を図るよう指示し、高齢者の集団接種が始まる5月10日の予約を仮押さえした。夫妻に接種券が届いたら部長に連絡し予約が完了するようにした。だが10日に中日新聞から指摘を受け、近藤副市長が指示を撤回。スギHDに連絡して予約を取り消した。
近藤副市長は、スギHDから市がスポーツジムの無償貸与を受けているほか、傘下のスギ薬局と市が包括連携協定を結んでいることを挙げ「様々な形で市に支援を頂いていた。何らかのお返しができないかと思った」と話した。
スギHDから圧力があったかどうかについて、中村市長は「通常の働きかけより重い圧力というかプレッシャーがあったという認識」と説明した。部長も「要請の範囲をはるかに超えていた」と語った。 スギHDは11日午後、経緯を説明する文章を公表。早く接種できないか市に相談したことを認め、「ワクチン接種をお待ちの西尾市の方々はじめ、全国の皆さまにとって不快な行為だった。日夜尽力されている全国の行政の方々の努力に水を差す結果となってしまったことに深くお詫(わ)び申し上げる」「頂戴(ちょうだい)した多くのご意見・ご指摘を真摯(しんし)に受け止め、今後このようなことがなきよう努める」と謝罪した。発表によると、広一会長の妻で、肺がん手術を経験した昭子相談役について秘書が「一日も早い接種を」とおもんぱかり、「使命感ゆえに」西尾市に繰り返し問い合わせた。広一会長は「過去にアナフィラキシーショックを経験し、接種を希望していない」としている。 スギHDは東海地方や関西を中心にスギ薬局など約1400店を展開しているドラッグストア大手。杉浦夫妻が1976年12月に西尾市でスギ薬局(現スギHD)を創業、82年に株式会社化し、広一氏が2009年から会長を務める。広一会長は今月退いて顧問に就任する予定だ。(深津慶造、根本晃)
スギHDは11日午後、経緯を説明する文章を公表。早く接種できないか市に相談したことを認め、「ワクチン接種をお待ちの西尾市の方々はじめ、全国の皆さまにとって不快な行為だった。日夜尽力されている全国の行政の方々の努力に水を差す結果となってしまったことに深くお詫(わ)び申し上げる」「頂戴(ちょうだい)した多くのご意見・ご指摘を真摯(しんし)に受け止め、今後このようなことがなきよう努める」と謝罪した。発表によると、広一会長の妻で、肺がん手術を経験した昭子相談役について秘書が「一日も早い接種を」とおもんぱかり、「使命感ゆえに」西尾市に繰り返し問い合わせた。広一会長は「過去にアナフィラキシーショックを経験し、接種を希望していない」としている。 スギHDは東海地方や関西を中心にスギ薬局など約1400店を展開しているドラッグストア大手。杉浦夫妻が1976年12月に西尾市でスギ薬局(現スギHD)を創業、82年に株式会社化し、広一氏が2009年から会長を務める。広一会長は今月退いて顧問に就任する予定だ。(深津慶造、根本晃)
スギHDは東海地方や関西を中心にスギ薬局など約1400店を展開しているドラッグストア大手。杉浦夫妻が1976年12月に西尾市でスギ薬局(現スギHD)を創業、82年に株式会社化し、広一氏が2009年から会長を務める。広一会長は今月退いて顧問に就任する予定だ。(深津慶造、根本晃)