【東京五輪】聖火リレー陽性者ルール破りの食事が判明 組織委「誠に遺憾」「厳重に注意」

東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、佐賀県内の聖火リレーに従事していた関係者1人が新型コロナウイルス感染症で陽性となった件について、当該関係者がルールを破って対面で食事していたことを明かした。
当該関係者は複数回にわたって所属元関係者計8人と会話しながら対面で食事を行っていたという。食事に関しては、大会組織委の感染予防対策で「できる限り同じ席での食事を控え、食事をする場合でも対面での着席は避けるとともに、会話は一切しないこと」と定められていた。
陽性が発覚した後、前述の8人のスタッフの他、接触した17人がPCR検査を受けたところ、全員が陰性と判定されたという。
この事案を受け、組織委は「受け入れていただく地元の方にとっても安全で安心な聖火リレーの実施を掲げている中、このような事案が起きたことは遺憾であり、東京2020組織委員会は、当人の所属元及び所属元関係者に対して厳重に注意を行い、あらためて感染予防の徹底を要請したところです」としたうえで「佐賀県及び県民の皆さまに対しては、本事案について大変なご心配をおかけし、お詫びを申し上げます。今後の聖火リレーの実施に際しては、行動ルールの遵守をあらためて徹底してまいります」とコメントしている。