吉村知事、「スギ薬局」会長ワクチン便宜問題「権力活用した順番変更はあってはならない」

大阪府の吉村洋文知事が13日、大阪府庁で会見。新型コロナウイルスのワクチン接種で愛知県西尾市の副市長が健康福祉部長と相談し、薬局大手スギ薬局を経営するスギホールディングス会長夫妻の予約を優先的に確保していたという報道について、受け止めを質問された。
吉村知事は「それは問題だと思う」と返した上で、「ワクチンはみんなが求めているもので限られた数の中で、医療従事者の方、高齢者の方とルールを作ってやっている。そのルールを逸脱するようなワクチンの接種はあってはならない。とりわけ、権力を活用したようなワクチンの優先順番変更のようなことはあってはならない。ワクチンの数が限られていて、全員に行き届かない中では、きちんとルールの中でやっていく必要がある」と語気を強めた。
問題を受けて愛知県は市町村に公平なワクチン接種をするよう通知を出したとし、大阪でも同様の措置を考えるかと聞かれ、吉村知事は「愛知では事案があったから対応されたと思う。まさに役所の権限を使った不公正な取り扱い。あってはならない。大阪ではそういう事例があるとは聞いてない。それぞれの市町村で住民の方に適切にワクチンを早く届けるか、やってくれてる最中。しっかりやってもらいたい」と話した。
大阪での聞き取りについては「疑い例があれば調査したいが、現時点でそういう情報は入ってない。適切にやられてると思う。市町村も多忙な業務の中でワクチン接種の仕事をやられてる。支援する形で進めていきたい」とした。