部活動中、計7時間半立たせる バレー部顧問を戒告処分

部活動中に生徒2人を長時間立たせる不適切な指導をしたとして、神戸市教育委員会は、市立中学校に勤務する女性教諭(49)を戒告の懲戒処分とした。
処分は7日付。
市教委によると、女性教諭は、別の中学校の女子バレーボール部顧問だった昨年12月、部員2人が体育委員の仕事をせずに遊んでいたことを口頭で注意。その後、部活動中にも反省の言葉などを求め続け、部活に参加させずに体育館で立たせたという。
2人は翌日以降も部活動のたびに立たされ、1人は同8~11日にかけて計約7時間半に及んだ。この生徒は気持ちの落ち込みから、12日以降部活動に参加できていないという。(鈴木春香)