小室佳代さんの本当の病状とは? 長期入院が伝えられた後に「入院はウソ」報道で

眞子さま(29)と結婚が内定している小室圭さん(29)の母・佳代さんと元婚約者A氏との間の借金トラブルに関し、「解決金」を支払う意向を小室さん側は示した。これに対し、A氏は「佳代さんは長期間の入院中」と明かしていた。そんな中、佳代さんが自宅近辺を歩いている場面が報じられる。「入院はウソ」報道も流れる中、実際の佳代さんの病状とはどういったものなのか?
【写真】秋篠宮さまにしがみつく「眞子さま」
元婚約者のA氏は、4月27日に発表したコメントで、こう記していた。
〈私はあくまで交渉の相手は小室圭さんではなく小室佳代さんだと思っております〉
〈現在、佳代さんは体調が悪く、長期間の入院中と伺っております。ご体調については私も心配しておりますが、可能な限り早く(佳代さんから)お話を伺い、最終的な判断をしようと考えております〉
宮内庁担当記者によると、
「佳代さんが長期入院中であるというのは、小室さん側から聞いていたのでしょう。直接の交渉相手が退院するのを待って、本人から話を聞きたいというのは真っ当な考え方だと思いました」
しかし、5月8日発売の「女性セブン」は、ゴールデンウイーク中に佳代さんが自宅近辺を歩いているシーンを撮影して報じたのだった。「元婚約者のA氏がコメントを発表したのが先月の27日で、佳代さんの元気そうに見える姿が3日に撮影されています。コメントの後に退院した可能性もありますが、その予定があるなら伝えているのが自然でしょうし、となればA氏も『長期入院中』という言葉は使わなかったと思います。真偽のほどは定かではありませんが、佳代さん側は入院などしていなかったか、あるいか、入院はしていたが退院の予定は伝えていなかったかのどちらかなのかなという風に感じました」(同)肩に痛みを感じて 小室家の事情を知る関係者は、「元婚約者のA氏のコメントを伝え聞いて、”え? 入院していたっけ?”といった言葉が口をついて出たくらいです。そんな話は一切なかったような……」 と困惑気味。 別の記者に聞いてみると、「佳代さんは以前から肩に痛みを感じていて、数年前から都内の病院に通院していました。それでもなかなか痛みが引かないので、保険適用の枠を超えて自由診療で高度な治療をするのも視野に入れていたとか。それとは別にメンタルに関しても不安定な時期があったようです」 と明かす。「肩の痛みについては、実際に入院するか否か検討していたのも事実です。時間だけでなくそれなりにお金もかかりますし、お菓子屋さんのパートとの兼ね合いもあるでしょう。結果的にどうしたかはわかりませんが、A氏のコメントから金銭トラブルは解決しそうな気配があったのに、その直後の写真報道は間が悪いという他ありませんね」 A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
「元婚約者のA氏がコメントを発表したのが先月の27日で、佳代さんの元気そうに見える姿が3日に撮影されています。コメントの後に退院した可能性もありますが、その予定があるなら伝えているのが自然でしょうし、となればA氏も『長期入院中』という言葉は使わなかったと思います。真偽のほどは定かではありませんが、佳代さん側は入院などしていなかったか、あるいか、入院はしていたが退院の予定は伝えていなかったかのどちらかなのかなという風に感じました」(同)肩に痛みを感じて 小室家の事情を知る関係者は、「元婚約者のA氏のコメントを伝え聞いて、”え? 入院していたっけ?”といった言葉が口をついて出たくらいです。そんな話は一切なかったような……」 と困惑気味。 別の記者に聞いてみると、「佳代さんは以前から肩に痛みを感じていて、数年前から都内の病院に通院していました。それでもなかなか痛みが引かないので、保険適用の枠を超えて自由診療で高度な治療をするのも視野に入れていたとか。それとは別にメンタルに関しても不安定な時期があったようです」 と明かす。「肩の痛みについては、実際に入院するか否か検討していたのも事実です。時間だけでなくそれなりにお金もかかりますし、お菓子屋さんのパートとの兼ね合いもあるでしょう。結果的にどうしたかはわかりませんが、A氏のコメントから金銭トラブルは解決しそうな気配があったのに、その直後の写真報道は間が悪いという他ありませんね」 A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
小室家の事情を知る関係者は、「元婚約者のA氏のコメントを伝え聞いて、”え? 入院していたっけ?”といった言葉が口をついて出たくらいです。そんな話は一切なかったような……」 と困惑気味。 別の記者に聞いてみると、「佳代さんは以前から肩に痛みを感じていて、数年前から都内の病院に通院していました。それでもなかなか痛みが引かないので、保険適用の枠を超えて自由診療で高度な治療をするのも視野に入れていたとか。それとは別にメンタルに関しても不安定な時期があったようです」 と明かす。「肩の痛みについては、実際に入院するか否か検討していたのも事実です。時間だけでなくそれなりにお金もかかりますし、お菓子屋さんのパートとの兼ね合いもあるでしょう。結果的にどうしたかはわかりませんが、A氏のコメントから金銭トラブルは解決しそうな気配があったのに、その直後の写真報道は間が悪いという他ありませんね」 A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
「元婚約者のA氏のコメントを伝え聞いて、”え? 入院していたっけ?”といった言葉が口をついて出たくらいです。そんな話は一切なかったような……」 と困惑気味。 別の記者に聞いてみると、「佳代さんは以前から肩に痛みを感じていて、数年前から都内の病院に通院していました。それでもなかなか痛みが引かないので、保険適用の枠を超えて自由診療で高度な治療をするのも視野に入れていたとか。それとは別にメンタルに関しても不安定な時期があったようです」 と明かす。「肩の痛みについては、実際に入院するか否か検討していたのも事実です。時間だけでなくそれなりにお金もかかりますし、お菓子屋さんのパートとの兼ね合いもあるでしょう。結果的にどうしたかはわかりませんが、A氏のコメントから金銭トラブルは解決しそうな気配があったのに、その直後の写真報道は間が悪いという他ありませんね」 A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
と困惑気味。 別の記者に聞いてみると、「佳代さんは以前から肩に痛みを感じていて、数年前から都内の病院に通院していました。それでもなかなか痛みが引かないので、保険適用の枠を超えて自由診療で高度な治療をするのも視野に入れていたとか。それとは別にメンタルに関しても不安定な時期があったようです」 と明かす。「肩の痛みについては、実際に入院するか否か検討していたのも事実です。時間だけでなくそれなりにお金もかかりますし、お菓子屋さんのパートとの兼ね合いもあるでしょう。結果的にどうしたかはわかりませんが、A氏のコメントから金銭トラブルは解決しそうな気配があったのに、その直後の写真報道は間が悪いという他ありませんね」 A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
別の記者に聞いてみると、「佳代さんは以前から肩に痛みを感じていて、数年前から都内の病院に通院していました。それでもなかなか痛みが引かないので、保険適用の枠を超えて自由診療で高度な治療をするのも視野に入れていたとか。それとは別にメンタルに関しても不安定な時期があったようです」 と明かす。「肩の痛みについては、実際に入院するか否か検討していたのも事実です。時間だけでなくそれなりにお金もかかりますし、お菓子屋さんのパートとの兼ね合いもあるでしょう。結果的にどうしたかはわかりませんが、A氏のコメントから金銭トラブルは解決しそうな気配があったのに、その直後の写真報道は間が悪いという他ありませんね」 A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
「佳代さんは以前から肩に痛みを感じていて、数年前から都内の病院に通院していました。それでもなかなか痛みが引かないので、保険適用の枠を超えて自由診療で高度な治療をするのも視野に入れていたとか。それとは別にメンタルに関しても不安定な時期があったようです」 と明かす。「肩の痛みについては、実際に入院するか否か検討していたのも事実です。時間だけでなくそれなりにお金もかかりますし、お菓子屋さんのパートとの兼ね合いもあるでしょう。結果的にどうしたかはわかりませんが、A氏のコメントから金銭トラブルは解決しそうな気配があったのに、その直後の写真報道は間が悪いという他ありませんね」 A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
と明かす。「肩の痛みについては、実際に入院するか否か検討していたのも事実です。時間だけでなくそれなりにお金もかかりますし、お菓子屋さんのパートとの兼ね合いもあるでしょう。結果的にどうしたかはわかりませんが、A氏のコメントから金銭トラブルは解決しそうな気配があったのに、その直後の写真報道は間が悪いという他ありませんね」 A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
「肩の痛みについては、実際に入院するか否か検討していたのも事実です。時間だけでなくそれなりにお金もかかりますし、お菓子屋さんのパートとの兼ね合いもあるでしょう。結果的にどうしたかはわかりませんが、A氏のコメントから金銭トラブルは解決しそうな気配があったのに、その直後の写真報道は間が悪いという他ありませんね」 A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
A氏はコメントの中で、〈私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています〉と綴っている。「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
「世間はA氏の言うような見方をしてくれないでしょうね。A氏から小室家に提供された約400万円に色はついておらず、圭さんの生活費に使われたこともないわけではないですから。加えて佳代さんを巡っては、遺族年金の不正受給についても報じられていますね。A氏との婚約を隠して、亡夫の配偶者として遺族年金の給付を受け続けていたのではないかという問題で、それもまた圭さんの生活費とは無縁ではないはずです」 たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
たとえ解決金が支払われても、眞子さまとの結婚との関連性はその後も取り沙汰されそうだ。デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
デイリー新潮取材班2021年5月13日 掲載
2021年5月13日 掲載