【独自】NHK、主要幹部8人を子会社出向へ…ほとんどが社長に就任

NHKは、報道局長ら主要幹部8人を「NHKエンタープライズ(NEP)」などの子会社に出向させる人事を決めた。
ほとんどが社長に就く見通しだ。子会社の役員は、NHK理事らが退職後に天下ってきたが、事業の肥大化を招いた経営に対して民業圧迫との批判が強く、統制を強めて合理化を図る。将来、子会社での経験をNHK本体の経営に生かしてもらう狙いもある。
NHKは4月下旬に人事を内示し、今月10日から段階的に発令している。従来、子会社(現在11社)の常勤役員は、NHKの理事・局長らが退職後に就くのが慣例で、現役幹部が大規模に出向する例は初めてという。