「余剰ワクチンは教職員に接種」新潟・三条市長ツイートに反響

新型コロナウイルスのワクチン接種が各地で進む中、新潟県三条市の滝沢亮市長が自身のツイッターに「余剰ワクチンを小中学校の教職員に接種する」と投稿し、反響を呼んでいる。ツイートから1日あまりで「いいね」は3・8万件(14日午後7時現在)に上り、リツイートも1万件を超えている。
接種予約混乱「完全に僕の失敗」 河野氏
三条市では5月26日から高齢者向け集団接種が始まる。これを前にした13日、同市は接種当日のキャンセルなどで余ったワクチンを教職員に接種する方針を明らかにした。
これを受けて滝沢市長は同日午後4時過ぎ、「余ったワクチンの取り扱い」と題し、「(教職員に)ワクチンを受けてもらう体制を準備している」「ワクチン廃棄を防ぐことを最優先とします」などと投稿。すると直後からリプライ(反応)欄に、「廃棄を回避するナイスアイデア」「何より自治体ではっきり基準を決める姿勢が素晴らしい」などと、賛同する声が相次いで寄せられた。
こうした反響について滝沢市長は毎日新聞の取材に、「現状では子供たちにワクチンを接種できない。教職員の優先接種が安心安全につながると考えた。ツイートはあくまで市の発表に合わせたもので他意はない。予想外の反響に驚いている」と説明。余剰ワクチンを巡り優先的に接種を受けた首長への批判が高まる中、首長として一つのアイデアを提示したことも好感を呼んだ一因とみる。
さらに投稿から数分後には、「今のところアナログな連絡方法を予定していますので、どなたか楽ちんな方法を教えていただけませんでしょうか?」ともツイート。接種の手順についてアイデアを募った。これにも多くのリプライがあり、ダイレクトメッセージ(DM)で提案などが寄せられているという。 滝沢市長は「貴重なワクチンの廃棄を避けるため、効率的な方法を探り、全国の自治体の参考になれば」と話した。【北村秀徳】
滝沢市長は「貴重なワクチンの廃棄を避けるため、効率的な方法を探り、全国の自治体の参考になれば」と話した。【北村秀徳】