泥酔の女性に性的暴行、逆転有罪確定へ

最高裁は14日までに、酔いつぶれた女性に性的暴行を加えたとして準強姦罪に問われた会社役員椎屋安彦被告(46)の上告を棄却する決定をした。一審無罪を破棄し、懲役4年の逆転有罪とした福岡高裁判決が確定する。