小池知事 「高級衣料、必需品ではない」 措置強化の可能性示唆

東京都の小池百合子知事は14日の定例記者会見で、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の延長に伴う休業要請や入場人数制限などについて、今後の感染状況次第でさらに措置を強化する可能性を示唆した。小池氏は、大型連休明けに都内繁華街の人出が増えていると指摘し、「状況によっては強める必要もある」と述べた。
感染4日後に急死した母 大阪の娘みとれず
百貨店など大規模商業施設で休業要請の対象外となる生活必需品の範囲を見直し、営業再開する売り場を広げる動きが出ている。小池氏は「高級衣料品などは生活必需品には当たらないと、国が明確に通知している。趣旨を十分理解して協力してほしい」と呼びかけた。都は12日に休業要請の範囲を守るよう日本百貨店協会に要請している。【斎川瞳】