【石井 万寿美】一体なぜ…世界遺産になる奄美大島で「ノネコ3000匹殺処分計画」が進行中

コロナ禍で外出自粛を求められ、生活の癒やしのために猫に関心があり、飼い始める人が多くいます。
ペットフード協会の調べでは、猫の新規飼育者飼育頭数は、2019年41万6千頭で、2020年48万3千頭で116%の伸び率になっています。
その一方、ユネスコの世界自然遺産に登録される見通しの奄美大島で「ノネコ3000匹殺処分計画」があることを知らない人がいるのが現実です。
環境省はなぜ、このような計画を進めているのでしょうか。
〔PHOTO〕iStock

奄美大島は、徳之島、沖縄本島北部のやんばる地域、西表島とともに、世界自然遺産への登録を目指していました。
日本には、「知床」「白神山地」「小笠原諸島」「屋久島」という4つの世界自然遺産があります。奄美大島は、五つ目の世界自然遺産となる予定です。
そこで問題になるのが、ノネコの捕食活動です。
奄美大島では、ノネコが「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」といった希少種を捕食する様子が写真や映像に撮影されて、問題になっています。
ノネコの糞(ふん)の分析からもそれらの希少種を捕食していることが確認されています。ノネコが生きるために小型哺乳や鳥類を必要としていることがわかります。しかし、世界自然遺産への登録を目指す奄美大島では、希少種を守るためのノネコ対策が重要な課題となってくるわけです。環境省は、年間300匹のノネコを捕獲して10年で3000匹を捕獲して処分する計画があるのです。 「ノネコ」とは何か?そもそも「ノネコ」とは何か、定義を見ていきましょう。奄美大島は、鹿児島にある島です。南には沖縄があります。暖かい地域です。沖縄の「イリオモテヤマネコ」は、よく知られています。こんな地域なら、ノネコはいそうだと思うかもしれません。しかし、日本には、自然界にいる猫科の動物は、「イリオモテヤマネコ」と「ツシマヤマネコ」だけです。つまり奄美大島は、野生の猫科の動物は元来いないのです。このふたつのヤマネコは種の保存法に基づき国内希少野生動植物種に指定されて大切に保護されています。それでは、なぜ、奄美大島にノネコがいるのでしょうか?それは、人が猫を持ち込んだからです。畑や集落の辺りには、猛毒を持つハブがいます。ハブは、餌となるネズミを求めて人の生活圏にも出没するのです。そのため、猫を放し飼いにして、ネズミを取ることによって、ハブが近づかないようにしたのです。奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
しかし、世界自然遺産への登録を目指す奄美大島では、希少種を守るためのノネコ対策が重要な課題となってくるわけです。環境省は、年間300匹のノネコを捕獲して10年で3000匹を捕獲して処分する計画があるのです。 「ノネコ」とは何か?そもそも「ノネコ」とは何か、定義を見ていきましょう。奄美大島は、鹿児島にある島です。南には沖縄があります。暖かい地域です。沖縄の「イリオモテヤマネコ」は、よく知られています。こんな地域なら、ノネコはいそうだと思うかもしれません。しかし、日本には、自然界にいる猫科の動物は、「イリオモテヤマネコ」と「ツシマヤマネコ」だけです。つまり奄美大島は、野生の猫科の動物は元来いないのです。このふたつのヤマネコは種の保存法に基づき国内希少野生動植物種に指定されて大切に保護されています。それでは、なぜ、奄美大島にノネコがいるのでしょうか?それは、人が猫を持ち込んだからです。畑や集落の辺りには、猛毒を持つハブがいます。ハブは、餌となるネズミを求めて人の生活圏にも出没するのです。そのため、猫を放し飼いにして、ネズミを取ることによって、ハブが近づかないようにしたのです。奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
「ノネコ」とは何か?そもそも「ノネコ」とは何か、定義を見ていきましょう。奄美大島は、鹿児島にある島です。南には沖縄があります。暖かい地域です。沖縄の「イリオモテヤマネコ」は、よく知られています。こんな地域なら、ノネコはいそうだと思うかもしれません。しかし、日本には、自然界にいる猫科の動物は、「イリオモテヤマネコ」と「ツシマヤマネコ」だけです。つまり奄美大島は、野生の猫科の動物は元来いないのです。このふたつのヤマネコは種の保存法に基づき国内希少野生動植物種に指定されて大切に保護されています。それでは、なぜ、奄美大島にノネコがいるのでしょうか?それは、人が猫を持ち込んだからです。畑や集落の辺りには、猛毒を持つハブがいます。ハブは、餌となるネズミを求めて人の生活圏にも出没するのです。そのため、猫を放し飼いにして、ネズミを取ることによって、ハブが近づかないようにしたのです。奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
そもそも「ノネコ」とは何か、定義を見ていきましょう。奄美大島は、鹿児島にある島です。南には沖縄があります。暖かい地域です。沖縄の「イリオモテヤマネコ」は、よく知られています。こんな地域なら、ノネコはいそうだと思うかもしれません。しかし、日本には、自然界にいる猫科の動物は、「イリオモテヤマネコ」と「ツシマヤマネコ」だけです。つまり奄美大島は、野生の猫科の動物は元来いないのです。このふたつのヤマネコは種の保存法に基づき国内希少野生動植物種に指定されて大切に保護されています。それでは、なぜ、奄美大島にノネコがいるのでしょうか?それは、人が猫を持ち込んだからです。畑や集落の辺りには、猛毒を持つハブがいます。ハブは、餌となるネズミを求めて人の生活圏にも出没するのです。そのため、猫を放し飼いにして、ネズミを取ることによって、ハブが近づかないようにしたのです。奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
奄美大島は、鹿児島にある島です。南には沖縄があります。暖かい地域です。沖縄の「イリオモテヤマネコ」は、よく知られています。こんな地域なら、ノネコはいそうだと思うかもしれません。しかし、日本には、自然界にいる猫科の動物は、「イリオモテヤマネコ」と「ツシマヤマネコ」だけです。つまり奄美大島は、野生の猫科の動物は元来いないのです。このふたつのヤマネコは種の保存法に基づき国内希少野生動植物種に指定されて大切に保護されています。それでは、なぜ、奄美大島にノネコがいるのでしょうか?それは、人が猫を持ち込んだからです。畑や集落の辺りには、猛毒を持つハブがいます。ハブは、餌となるネズミを求めて人の生活圏にも出没するのです。そのため、猫を放し飼いにして、ネズミを取ることによって、ハブが近づかないようにしたのです。奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
しかし、日本には、自然界にいる猫科の動物は、「イリオモテヤマネコ」と「ツシマヤマネコ」だけです。つまり奄美大島は、野生の猫科の動物は元来いないのです。このふたつのヤマネコは種の保存法に基づき国内希少野生動植物種に指定されて大切に保護されています。それでは、なぜ、奄美大島にノネコがいるのでしょうか?それは、人が猫を持ち込んだからです。畑や集落の辺りには、猛毒を持つハブがいます。ハブは、餌となるネズミを求めて人の生活圏にも出没するのです。そのため、猫を放し飼いにして、ネズミを取ることによって、ハブが近づかないようにしたのです。奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
つまり奄美大島は、野生の猫科の動物は元来いないのです。このふたつのヤマネコは種の保存法に基づき国内希少野生動植物種に指定されて大切に保護されています。それでは、なぜ、奄美大島にノネコがいるのでしょうか?それは、人が猫を持ち込んだからです。畑や集落の辺りには、猛毒を持つハブがいます。ハブは、餌となるネズミを求めて人の生活圏にも出没するのです。そのため、猫を放し飼いにして、ネズミを取ることによって、ハブが近づかないようにしたのです。奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
それでは、なぜ、奄美大島にノネコがいるのでしょうか?それは、人が猫を持ち込んだからです。畑や集落の辺りには、猛毒を持つハブがいます。ハブは、餌となるネズミを求めて人の生活圏にも出没するのです。そのため、猫を放し飼いにして、ネズミを取ることによって、ハブが近づかないようにしたのです。奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
それは、人が猫を持ち込んだからです。畑や集落の辺りには、猛毒を持つハブがいます。ハブは、餌となるネズミを求めて人の生活圏にも出没するのです。そのため、猫を放し飼いにして、ネズミを取ることによって、ハブが近づかないようにしたのです。奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
奄美大島では猫はペットという存在であると同時に、ネズミ対策やハブ対策なのです。このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
このように人が持ち込んだ猫が、放し飼いにされて、自分の力で小動物を捕食して生きけるようになった猫を「ノネコ」と定義しています。一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
一般的には、ペットとして飼われて飼い主のいる猫を「飼い猫」、集落で人から餌をもらっている猫を「野良猫」と分類しています。 簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
簡単にまとめると以下です。・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
・ノネコは、飼い主がいなくて自分で小動物を捕食している・野良猫は、飼い主がいないけれど、人から餌をもらっている・飼い猫は、飼い主がいて人から餌をもらっています。「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
「野良猫」と「ノネコ」の違いは、人から餌をもらっているか否かで区別するのです。はっきりさせようとするには、解剖して消化器系の内容物を調べるか、ウンチなどから寄生虫の有無などを調べないとわかりません。つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
つまり見た目で「野良猫」と「ノネコ」の区別ができないことは問題なのです。野良猫ももちろん、野生小動物を捕食します。なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
なぜ、「ノネコ」と「野良猫」の区別がそんなに大切かというと法律の問題があるのです。それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
それは、動物愛護法では猫を「愛護動物」とみなし、みだりに殺したりすれば違法行為です。一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
一方で、ノネコは鳥獣保護法の「有害鳥獣駆除」という形で自治体が捕獲することが可能になります。行政がノネコを殺処分しても「殺処分数」としてカウントされないのです。猫はどれほど小動物を捕食するのか?2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
2020年、写真コンテスト「BigPicture Natural World Photography Competition」の人・自然部門で最優秀賞に輝いた写真をご存じでしょうか?写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
写真家ジャック・ワンダリー氏の作品で、2019年、猫に捕獲されて米国カリフォルニア州の動物病院「ワイルドケア」に運び込まれて亡くなった野生の鳥類、げっ歯類、爬虫類など一面に綺麗に並べられたものです。実際問題として、猫はたくさんの自然の小動物をハンターします。「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
「Caught by Cats」(BigPicture Natural World Photography Competitionより引用) 実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
実際に猫によって絶滅させられた野生小動物はいます。それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
それは、ニュージーランドのスティーブン島に生息していたスティーブンイワサザイという鳥は、1890年代に島に持ち込まれた猫により絶滅したと考えられています。ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
ノネコは国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれています。もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
もともと飼い猫が野良猫化して、そしてノネコになってしまい、それで希少動物を捕獲しているからといって、そう簡単にノネコを殺処分してもいいのでしょうか?同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
同じような状況な孤島があります。それは、世界自然遺産になっている「小笠原諸島」です。同じノネコ問題がありましたが、それを克服しました。小笠原諸島はこうして問題を解決したいまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
いまから10年前の2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、捕獲したノネコを東京に輸送し、人に慣れさせた上で譲渡する取り組みによって、絶滅寸前だった「アカガシラカラスバト」の生息数を10倍以上に増やすことに成功しました。小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
小笠原諸島は、東京都なので、東京獣医師会が動きました。いくら貴重な動物を守るためだからといって、元飼い猫のノネコを殺処分するのは、獣医師として目をつぶることができなかったのです。ノネコと「アカガシラカラスバト」は命の重さは同じだからです。具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
具体的には、小笠原諸島で捕獲した猫を東京の動物病院で引き取り、人と暮らせるように馴らしてから里親を探したのです。題して「引っ越し作戦」です。この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
この企画に東京都獣医師会の所属のおよそ140病院が協力したそうです。その中のひとつが、筆者の同級生の動物病院でした。 上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
上京したときに、同級生のTくんの動物病院に遊びに行ったときに、布で覆われたケージがありました。筆者が「ここに何がいるの?」と尋ねると、Tくんは「小笠原諸島で保護された猫がいる」と教えてくれました。ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
ノネコは、人は危険なものだと認識しているので、そうじゃないことを教えたのです。具体的には近くに通ったときに、ボールペンでちょっかいを出したりして、距離を縮めるのです。ノネコの方も人は、餌をくれるし危害を加えないことがわかると慣れて、2~3カ月で抱っこできるぐらいまでなるそうです。そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
そうなった猫を不妊去勢手術やワクチン接種などをして、里親を探しました。なぜ奄美大島ではできないのか?小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
小笠原諸島できたことをなぜ、奄美大島でできないのでしょうか。それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
それは奄美大島の面積が広いのです。日本で3番目(1番目沖縄島 2番目佐渡島)に大きな島で、712.00平方キロメートルあります。世界自然遺産になった小笠原諸島の父島と母島を足しても50平方キロメートル、奄美大島は14倍以上あるのです。ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
ノネコの推定生息数は600~3000匹はいるといわれています。また、奄美大島の人口は約6万人であり、多くの引き取りが期待できる大都市が周囲にないし、東京獣医師会のような大きな組織がないのです。このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
このため、捕獲したノネコを全て譲渡するのは難しく、問題になっているのです。 島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
島にはもともと猫がいなかった小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
小笠原諸島と奄美大島は、もともと猫がいなかった島です。猫は人が連れきた動物です。「アマミノクロウサギ」や「ケナガネズミ」も猫がいない地域に生息していたので、簡単に猫にハンティングされます。世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
世界自然遺産になる地域では、絶滅危惧種や固有種が多く、独特な進化を遂げた種が豊富に分布する「生物多様性」が特徴です。このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
このような地域で猫を飼育する場合は、やはり不妊去勢手術をしてマイクロチップを装置して完全室内飼いが大切なのでしょう。毒を持ったハブがネズミ食べに来るから、猫を放し飼いにしたいのは、理解できます。しかし、猫はハンティングすることを島の人に理解してもらうことも大切ですね。まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
まずは、日本の南の奄美大島で、このような飼い猫から野良猫になり、そしてノネコになった動物が問題になっていることに関心を持つことが大切だと思います。もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
もちろん、保護されたノネコに里親を見つける保護活動をしている人もいます。でも、まだまだ資金も人手も足らないのが現実です。多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。
多くの人が、奄美大島のノネコに関心を持てば、小笠原諸島のノネコのように、里親を見つけて、殺処分の数を減らせることができるのではないでしょうか。