PCR検査報告せずに路線バス運転、その後に陽性判明

西日本鉄道(福岡市)は14日、土井自動車営業所の30歳代の男性バス運転士が新型コロナウイルスのPCR検査を受けた後に路線バスを運転し、感染が判明したと発表した。
発表によると、運転士は11日に倦怠感を感じ、公休だった13日に医療機関を受診してPCR検査を受けた。14日は、マスクを着けて「土井団地~博多駅線」の路線バスを運転して乗客計約90人を乗せた後、陽性と判明し、社に報告したという。同社は「深くおわびする。再発防止に努めたい」としている。