違うワクチン併用すると副反応増加…発熱・悪寒・だるさ

2種類の新型コロナウイルスワクチンを1回ずつ接種した場合、同じワクチンを2回接種するより発熱などの副反応が増えたとする臨床試験の結果を、英オックスフォード大などの研究チームが発表した。
論文が英医学誌ランセットに掲載された。
臨床試験には、英国の50歳以上の463人が参加。1回目を米ファイザー製、2回目を英アストラゼネカ製にしたグループでは、2回目接種後の発熱が41%、逆の順番では34%に生じた。同じメーカーだと10~21%だった。悪寒やだるさなどの副反応も2種類併用で増えた。入院が必要な重い副反応はいずれも起きなかったという。
中山哲夫・北里大特任教授(臨床ウイルス学)は「違うワクチンを併用しても発症予防効果はあると考えられるが、基本的に同じワクチンを2回接種すべきだ」と話している。