東日本国際大野球部、部長ら解任 体調不良の部員と遠征、集団感染

東日本国際大(福島県いわき市)の硬式野球部で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した問題を受け、同大は、対応に問題があったとして関係者8人の処分をホームページで公表した。
デジタル庁人材を悩ます霞が関の「紙とメール」
処分は、解任(5月31日付)=福迫昌之部長、田中みわ子副部長▽謹慎1カ月(13日付)=仁藤雅之監督とコーチ3人。さらに13日付で、吉村作治総長と学長代行を兼ねる福迫部長と仁藤監督を文書による厳重注意とし、緑川浩司理事長は給与10分の1(2カ月)を自主返納した。
同部は、3月下旬の遠征先で体調不良を訴えた部員がいたにもかかわらず、他の部員と同じバスに乗るなどし、最終的に計43人が感染した。【柿沼秀行】