厚労省 大麻「使用罪」導入の方針

若者を中心に大麻の乱用が相次いでいることを受け厚生労働省は、大麻の「使用罪」を導入する方針です。
厚生労働省は、14日の専門家の会議で所持や栽培を法律で禁止している大麻について「使用罪」を導入する案を示しました。
また、現在、禁止されている大麻草を原料とする医薬品については、国内での使用を容認するとしています。
海外の一部では、大麻由来の医薬品は、てんかんの治療薬として承認されています。