【モーニング編集部】『ドラゴン桜』を見てわかった、子どもを東大に合格させる「家庭の10ヵ条」 受験生がいる家庭は必見…!

日曜劇場『ドラゴン桜』では、東大受験に役立つさまざまな勉強テクニックを紹介しています。しかし合格を勝ち取るためには、本人はもちろん家族のサポートも必要不可欠。そこで『ドラゴン桜2 公式ガイドブック』から、昨晩の放送でも紹介された「東大合格必勝法 家庭の10ヵ条」を、一部編集のうえでお届けします。 子どもが「東大に行く」と言い出したら受験、特に東大を目指そうというのなら、それは単に子どもだけの問題にとどまらない。それは家族にとっても一大プロジェクトだ。

TBS子どもが真剣に受験に取り組み、いろんなものを擲(なげう)って、勉強に集中しているのだ。そこで親が「ワレ関セズ」としていられないのはわかる。しかし『ドラゴン桜2 公式ガイドブック』では、親は見守ることしかできないと言った。ほかにできることはないのか?少なくとも、高い目標を設定し、成功を勝ち取ることのできる受験生は、本人の力もさることながら、まわりの人たちに支えられている。受験は総力戦だ。家族が味方になってやるべきだし、一家で一丸となってことに当たるべきだ。ただし、けっして浮き足立ってはいけない。特別扱いをしてもいけない。求められるのは、圧倒的に変わらない日常を維持することなのだ。絶対に日常生活を「変えてはいけない」受験生を抱える家庭は、ただでさえピリピリする。その原因が自分にあることは、子どもがいちばんよく知っている。だから、その空気感に罪悪感を持ってしまう。そうさせないためにも、これまでどおりの日常生活を守ることがとても大切だ。決まった時間にご飯を食べ、お風呂の順番を守り、毎年家族旅行に行っているのであれば、それも実行する。すべては子どもの精神を安定させるためだ。こうした状況になると、父親が妙に張り切ったり、子どもの生活に首を突っ込んだり、はたまた事態から逃げようとしたりすることがある。これらは全部、安定した日常を不安定にする行動であるから、よくよく「東大合格必勝法 家庭の10ヵ条」を守ってもらわないといけない。Norifusa Mita / Cork 【東大合格必勝法 家庭の10ヵ条】1 一緒に朝ご飯を食べること2 何か一つでも家事をさせること3 適度に運動させること4 毎日同じ時間に風呂に入らせること5 体調が悪いときは無理させず、休ませること6 リビングはいつでも片付けておくこと7 勉強に口出しをしないこと8 夫婦仲を良くすること9 月に一度家族で外食すること10 この10ヵ条を父親と共有すること子どもの勝負に口を挟むな!子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
日曜劇場『ドラゴン桜』では、東大受験に役立つさまざまな勉強テクニックを紹介しています。しかし合格を勝ち取るためには、本人はもちろん家族のサポートも必要不可欠。そこで『ドラゴン桜2 公式ガイドブック』から、昨晩の放送でも紹介された「東大合格必勝法 家庭の10ヵ条」を、一部編集のうえでお届けします。

受験、特に東大を目指そうというのなら、それは単に子どもだけの問題にとどまらない。それは家族にとっても一大プロジェクトだ。
TBS
子どもが真剣に受験に取り組み、いろんなものを擲(なげう)って、勉強に集中しているのだ。そこで親が「ワレ関セズ」としていられないのはわかる。しかし『ドラゴン桜2 公式ガイドブック』では、親は見守ることしかできないと言った。ほかにできることはないのか?
少なくとも、高い目標を設定し、成功を勝ち取ることのできる受験生は、本人の力もさることながら、まわりの人たちに支えられている。受験は総力戦だ。家族が味方になってやるべきだし、一家で一丸となってことに当たるべきだ。ただし、けっして浮き足立ってはいけない。特別扱いをしてもいけない。求められるのは、圧倒的に変わらない日常を維持することなのだ。
受験生を抱える家庭は、ただでさえピリピリする。その原因が自分にあることは、子どもがいちばんよく知っている。だから、その空気感に罪悪感を持ってしまう。そうさせないためにも、これまでどおりの日常生活を守ることがとても大切だ。決まった時間にご飯を食べ、お風呂の順番を守り、毎年家族旅行に行っているのであれば、それも実行する。すべては子どもの精神を安定させるためだ。こうした状況になると、父親が妙に張り切ったり、子どもの生活に首を突っ込んだり、はたまた事態から逃げようとしたりすることがある。これらは全部、安定した日常を不安定にする行動であるから、よくよく「東大合格必勝法 家庭の10ヵ条」を守ってもらわないといけない。Norifusa Mita / Cork 【東大合格必勝法 家庭の10ヵ条】1 一緒に朝ご飯を食べること2 何か一つでも家事をさせること3 適度に運動させること4 毎日同じ時間に風呂に入らせること5 体調が悪いときは無理させず、休ませること6 リビングはいつでも片付けておくこと7 勉強に口出しをしないこと8 夫婦仲を良くすること9 月に一度家族で外食すること10 この10ヵ条を父親と共有すること子どもの勝負に口を挟むな!子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
その原因が自分にあることは、子どもがいちばんよく知っている。だから、その空気感に罪悪感を持ってしまう。そうさせないためにも、これまでどおりの日常生活を守ることがとても大切だ。決まった時間にご飯を食べ、お風呂の順番を守り、毎年家族旅行に行っているのであれば、それも実行する。すべては子どもの精神を安定させるためだ。こうした状況になると、父親が妙に張り切ったり、子どもの生活に首を突っ込んだり、はたまた事態から逃げようとしたりすることがある。これらは全部、安定した日常を不安定にする行動であるから、よくよく「東大合格必勝法 家庭の10ヵ条」を守ってもらわないといけない。Norifusa Mita / Cork 【東大合格必勝法 家庭の10ヵ条】1 一緒に朝ご飯を食べること2 何か一つでも家事をさせること3 適度に運動させること4 毎日同じ時間に風呂に入らせること5 体調が悪いときは無理させず、休ませること6 リビングはいつでも片付けておくこと7 勉強に口出しをしないこと8 夫婦仲を良くすること9 月に一度家族で外食すること10 この10ヵ条を父親と共有すること子どもの勝負に口を挟むな!子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
決まった時間にご飯を食べ、お風呂の順番を守り、毎年家族旅行に行っているのであれば、それも実行する。すべては子どもの精神を安定させるためだ。こうした状況になると、父親が妙に張り切ったり、子どもの生活に首を突っ込んだり、はたまた事態から逃げようとしたりすることがある。これらは全部、安定した日常を不安定にする行動であるから、よくよく「東大合格必勝法 家庭の10ヵ条」を守ってもらわないといけない。Norifusa Mita / Cork 【東大合格必勝法 家庭の10ヵ条】1 一緒に朝ご飯を食べること2 何か一つでも家事をさせること3 適度に運動させること4 毎日同じ時間に風呂に入らせること5 体調が悪いときは無理させず、休ませること6 リビングはいつでも片付けておくこと7 勉強に口出しをしないこと8 夫婦仲を良くすること9 月に一度家族で外食すること10 この10ヵ条を父親と共有すること子どもの勝負に口を挟むな!子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
こうした状況になると、父親が妙に張り切ったり、子どもの生活に首を突っ込んだり、はたまた事態から逃げようとしたりすることがある。これらは全部、安定した日常を不安定にする行動であるから、よくよく「東大合格必勝法 家庭の10ヵ条」を守ってもらわないといけない。Norifusa Mita / Cork 【東大合格必勝法 家庭の10ヵ条】1 一緒に朝ご飯を食べること2 何か一つでも家事をさせること3 適度に運動させること4 毎日同じ時間に風呂に入らせること5 体調が悪いときは無理させず、休ませること6 リビングはいつでも片付けておくこと7 勉強に口出しをしないこと8 夫婦仲を良くすること9 月に一度家族で外食すること10 この10ヵ条を父親と共有すること子どもの勝負に口を挟むな!子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
Norifusa Mita / Cork 【東大合格必勝法 家庭の10ヵ条】1 一緒に朝ご飯を食べること2 何か一つでも家事をさせること3 適度に運動させること4 毎日同じ時間に風呂に入らせること5 体調が悪いときは無理させず、休ませること6 リビングはいつでも片付けておくこと7 勉強に口出しをしないこと8 夫婦仲を良くすること9 月に一度家族で外食すること10 この10ヵ条を父親と共有すること子どもの勝負に口を挟むな!子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
Norifusa Mita / Cork 【東大合格必勝法 家庭の10ヵ条】1 一緒に朝ご飯を食べること2 何か一つでも家事をさせること3 適度に運動させること4 毎日同じ時間に風呂に入らせること5 体調が悪いときは無理させず、休ませること6 リビングはいつでも片付けておくこと7 勉強に口出しをしないこと8 夫婦仲を良くすること9 月に一度家族で外食すること10 この10ヵ条を父親と共有すること子どもの勝負に口を挟むな!子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
【東大合格必勝法 家庭の10ヵ条】1 一緒に朝ご飯を食べること2 何か一つでも家事をさせること3 適度に運動させること4 毎日同じ時間に風呂に入らせること5 体調が悪いときは無理させず、休ませること6 リビングはいつでも片付けておくこと7 勉強に口出しをしないこと8 夫婦仲を良くすること9 月に一度家族で外食すること10 この10ヵ条を父親と共有すること子どもの勝負に口を挟むな!子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
【東大合格必勝法 家庭の10ヵ条】1 一緒に朝ご飯を食べること2 何か一つでも家事をさせること3 適度に運動させること4 毎日同じ時間に風呂に入らせること5 体調が悪いときは無理させず、休ませること6 リビングはいつでも片付けておくこと7 勉強に口出しをしないこと8 夫婦仲を良くすること9 月に一度家族で外食すること10 この10ヵ条を父親と共有すること子どもの勝負に口を挟むな!子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
子どもの可能性に最も期待をかけながら、一方で最も縛りをかけているのは親ではないか? 「子どものことを思って」という言葉は親の錦の御旗。しかし知らず知らずに、子どもを縛る理由にしていないだろうか?子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
子どもにとって、大学受験は人生のなかでも数少ない一大勝負のとき。そこに口を挟みたくなる気持ちもわかるが、経済的な理由でもない限り、子どもが失敗する可能性を考えて、安全な道を行かせるのは縛っているのと同じだ。「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
「相談されなかった」「子どもが勝手に決めた」という理由で口を挟むのは、もっといただけない。子どもが自分で決断し、自分の道を歩もうとするのであれば、応援こそすれ、すねるのは親のエゴでしかない。Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
Norifusa Mita / Cork 無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
無条件に背中を押されたがっているそろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
そろそろ受験を迎えようかという子どもが、親に相談しないのには理由がある。特に、「誰よりも子どものことを理解している」と思っている親ほど、子どもは相談しにくい。なぜなら相談しても、結論は「否定」で終わるからだ。子どもが求めているのは、背中を押してくれることなのに、目の前に並べられるのは陳腐な現実論。そして決め言葉は「もっとちゃんと考えて」だ。子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
子どもが人生の大勝負をかけるとき、親も腹をくくらねばならない。しかし、それはくくるだけだ。なにもできないし、なにもしてはいけない。自分で立てた目標まで歩んでいく姿を、見守るしかない。子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。
子どものことを思うなら、もっとちゃんと考えるべきは親なのだ。子どもが無謀な挑戦に出ることもあるだろうが、もう高校生。自分で判断しなければいけない。成功しようと、失敗しようと、子どもの挑戦をどう見守ればいいのか? そこをしっかり考えなければいけない。