「1回目の接種が8月21日。7月末なんて嘘」舛添氏の発言が波紋 「1回目は9月上旬だと…現実はこんなもの」嘆き、諦めの声も

東京と大阪に設置される新型コロナワクチンの大規模接種センターの予約がきょうから開始される。防衛省はきのう会見を開き、新型コロナワクチンの大規模接種センターの予約について、東京はきょう午前11時ごろから、大阪は午後1時ごろから開始することを発表した。対象となるのは東京23区、大阪市内に住む65歳以上の高齢者だ。

【映像】「もう会えない」と言われた…コロナ病棟 清掃業者のリアル
そんな中、厚生労働大臣や東京都知事などを歴任した国際政治学者の舛添要一氏(72)のワクチン接種に関する発言が反響を呼んでいる。
14日に自身のツイッターで「ワクチン接種予約:やっとネットに繋がった。第一回目が最速で8月21日、直ぐに予約。2回目はまたネット・パンクで予約できず。7月末までに高齢者の接種完了と豪語した菅首相、これが現実だ。86%の自治体が首相の希望に応えると言ったが、人口93万人の世田谷区は無理だ。完全な政府の失敗である」などと発言。
さらに16日にABEMAで放送された『ABEMA的ニュースショー』に出演した舛添氏は改めてワクチン接種状況について自身の経験を踏まえ「ワクチンそのものの供給量が追い付いていないことに加え、打ち方が悪い。打ち手がいない。大きな会場で一斉にやらないと無理。とくにマイナス80度で保管しなければいけない。インフルみたいにパッと打てるわけではない」などと述べると、遅々として状況が改善しなかったことへの不満を次のように明かした。
「やってみればわかる。まず、電話がつながらない。ネットもつながらない。朝から晩までそれをやっているわけにはいかない。私は空いた時間でたまたま繋がったけど、一番早くても8月21日ということ。7月末なんて、嘘。2回目は9月11日からということだが、これは全然ダメだ」