コロナ禍で“激辛ブーム”再来 なぜ?専門家が解説

コロナ禍で“おうち時間”が長引くなか、今、注目を浴びているのが、東京・港区にある芝商店会の名物「激辛ストリート」です。
この商店会は、20店舗もの飲食店が激辛料理を提供している、激辛ストリートです。
芝商店会の長川秀記会長は「お客さんの数は減っているが、激辛のところでは(客の数が)落ちてない」と話します。
苦しい経営が続く飲食店のなかで、「激辛料理」の人気はむしろ上がっているといいます。
この激辛ストリートで根強い人気を誇る「龍祥軒」の「麻婆豆腐・大辛」です。
■背景にテイクアウトの“利点”
そして、この激辛ストリートで勝負しようと、新規参入してきた店もあります。
「シロップ」の山口泰弘店長は「激辛ブームも、この街も活性化させようかと思い、参加した」と話します。
この弁当店は、「シロップ」という店名とは打って変わって、“世界一辛い唐辛子”とも言われた「ブート・ジョロキア」をふんだんに振り掛けたチキンや、ハバネロの肉詰めがメインの弁当を作りました。
そして、サラダパスタの専門店として女性にも人気の店「SalaSpa」では、青唐辛子の自家製ソースをパスタに絡め、黄金の一味唐辛子を振った「激辛サラダパスタ」が、17日から販売開始です。 芝商店会の長川会長に「需要が増えたと感じるところは?」と問うと、「女性は辛い物が好きな人も多いが、テイクアウトという形になって、人目を気にせず、汗をダラダラかきながら食べられるという利点もあるのかな」と答えました。 さらに、芝商店会では、3月から、複数の店のデリバリーを一括して注文できる「芝デリ」という新しいサービスを始めました。 長川会長は「お店それぞれがデリバリーのシステムとスタッフを抱えていなければならない。こういった問題がとても大きくあったので、商店街全体を1つの店と捉えて、それを集めてまとめて持っていく。そういった新たなデリバリーシステムを、東京都と港区の協力を頂いて始めた」と話していました。■なぜ激辛ブーム?専門家が解説 コロナ禍に入った去年、激辛料理を扱う飲食店は、3年前から約2割増えたとの調査もあります。 そして、今年に入り、ブームは飲食だけでなく家庭にも広がりを見せています。激辛のインスタント麺や缶詰などが、次々と登場しているのです。 例えば「激辛のサバの缶詰」は、唐辛子が入った辛みそダレがたっぷりです。 なぜ今、激辛ブームが巻き起こっているのでしょうか。 専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
芝商店会の長川会長に「需要が増えたと感じるところは?」と問うと、「女性は辛い物が好きな人も多いが、テイクアウトという形になって、人目を気にせず、汗をダラダラかきながら食べられるという利点もあるのかな」と答えました。 さらに、芝商店会では、3月から、複数の店のデリバリーを一括して注文できる「芝デリ」という新しいサービスを始めました。 長川会長は「お店それぞれがデリバリーのシステムとスタッフを抱えていなければならない。こういった問題がとても大きくあったので、商店街全体を1つの店と捉えて、それを集めてまとめて持っていく。そういった新たなデリバリーシステムを、東京都と港区の協力を頂いて始めた」と話していました。■なぜ激辛ブーム?専門家が解説 コロナ禍に入った去年、激辛料理を扱う飲食店は、3年前から約2割増えたとの調査もあります。 そして、今年に入り、ブームは飲食だけでなく家庭にも広がりを見せています。激辛のインスタント麺や缶詰などが、次々と登場しているのです。 例えば「激辛のサバの缶詰」は、唐辛子が入った辛みそダレがたっぷりです。 なぜ今、激辛ブームが巻き起こっているのでしょうか。 専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
さらに、芝商店会では、3月から、複数の店のデリバリーを一括して注文できる「芝デリ」という新しいサービスを始めました。 長川会長は「お店それぞれがデリバリーのシステムとスタッフを抱えていなければならない。こういった問題がとても大きくあったので、商店街全体を1つの店と捉えて、それを集めてまとめて持っていく。そういった新たなデリバリーシステムを、東京都と港区の協力を頂いて始めた」と話していました。■なぜ激辛ブーム?専門家が解説 コロナ禍に入った去年、激辛料理を扱う飲食店は、3年前から約2割増えたとの調査もあります。 そして、今年に入り、ブームは飲食だけでなく家庭にも広がりを見せています。激辛のインスタント麺や缶詰などが、次々と登場しているのです。 例えば「激辛のサバの缶詰」は、唐辛子が入った辛みそダレがたっぷりです。 なぜ今、激辛ブームが巻き起こっているのでしょうか。 専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
長川会長は「お店それぞれがデリバリーのシステムとスタッフを抱えていなければならない。こういった問題がとても大きくあったので、商店街全体を1つの店と捉えて、それを集めてまとめて持っていく。そういった新たなデリバリーシステムを、東京都と港区の協力を頂いて始めた」と話していました。■なぜ激辛ブーム?専門家が解説 コロナ禍に入った去年、激辛料理を扱う飲食店は、3年前から約2割増えたとの調査もあります。 そして、今年に入り、ブームは飲食だけでなく家庭にも広がりを見せています。激辛のインスタント麺や缶詰などが、次々と登場しているのです。 例えば「激辛のサバの缶詰」は、唐辛子が入った辛みそダレがたっぷりです。 なぜ今、激辛ブームが巻き起こっているのでしょうか。 専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
■なぜ激辛ブーム?専門家が解説 コロナ禍に入った去年、激辛料理を扱う飲食店は、3年前から約2割増えたとの調査もあります。 そして、今年に入り、ブームは飲食だけでなく家庭にも広がりを見せています。激辛のインスタント麺や缶詰などが、次々と登場しているのです。 例えば「激辛のサバの缶詰」は、唐辛子が入った辛みそダレがたっぷりです。 なぜ今、激辛ブームが巻き起こっているのでしょうか。 専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
コロナ禍に入った去年、激辛料理を扱う飲食店は、3年前から約2割増えたとの調査もあります。 そして、今年に入り、ブームは飲食だけでなく家庭にも広がりを見せています。激辛のインスタント麺や缶詰などが、次々と登場しているのです。 例えば「激辛のサバの缶詰」は、唐辛子が入った辛みそダレがたっぷりです。 なぜ今、激辛ブームが巻き起こっているのでしょうか。 専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
そして、今年に入り、ブームは飲食だけでなく家庭にも広がりを見せています。激辛のインスタント麺や缶詰などが、次々と登場しているのです。 例えば「激辛のサバの缶詰」は、唐辛子が入った辛みそダレがたっぷりです。 なぜ今、激辛ブームが巻き起こっているのでしょうか。 専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
例えば「激辛のサバの缶詰」は、唐辛子が入った辛みそダレがたっぷりです。 なぜ今、激辛ブームが巻き起こっているのでしょうか。 専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
なぜ今、激辛ブームが巻き起こっているのでしょうか。 専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
専門家は、バブル崩壊後など、ストレス社会になると、激辛ブームが起きやすくなるといいます。 日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)
日本味覚協会の水野考貴氏は「新型コロナによって人々は遊びに行く場所だったり、そういったストレスを発散する場がかなり制限されてしまっている状態だ。食によってストレスを発散・解消するということが、今、求められていることなのかな」と話していました。(「グッド!モーニング」2021年5月17日放送分より)