NHKの3文字が消滅!NHK党が「古い政党から国民を守る党」に正式変更

立花孝志党首(53)率いる「NHK受信料を支払わない方法を教える党」(NHK党)が17日、3度目となる党名変更し、「古い政党から国民を守る党」(略称・古い党)となった。
一昨年の参院選で「NHKから国民を守る党」(N国党)として、国政政党になった同党は、昨年12月に「NHKから自国民を守る党」(NHK党)に変更。今年2月には「NHK受信料を支払わない方法を教える党」に再度、変更していた。それでもNHK受信料問題にフォーカスしている同党は「NHK」の3文字を外すことはなかったが今回、ついに消滅した。
立花氏は次期衆院選へ向け、ワンイシューを掲げる政治団体を集める諸派党構想を進めている。NHK党の旗の下では、他の政治団体が集まりづらいとあって、「特になし党」「既成政党を支持しない党」など別の党名を模索していたが、「古い政党から国民を守る党」に落ち着いた。受信料問題に取り組む「NHK党」は諸派党傘下の一政治団体になる見込みだ。
千葉県選管で党名変更の届け出した立花氏はSNSで「古い政党が無茶苦茶な法律をつくって、無茶苦茶なことをしてきた。古いのは自民党だけでなく、共産党、公明党、立憲民主党、国民民主党であって、選挙の時は組織票で古い権力を守ってきた。これからは新しくできた古い党が迫害されてきた少数意見を取り入れて、新しい考えでやっていく」と意気込んだ。