木村花さん母「ネット中傷の救いの糸口になれば」 投稿者に賠償命令

フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演し、その後に亡くなったプロレスラーの木村花さん(当時22歳)の母響子さん(44)が、ツイッターに花さんを中傷する投稿をした長野県の男性に約294万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(池原桃子裁判長)は19日、男性に約129万円の賠償を命じた。響子さんは記者会見で「判決がネット中傷に苦しんでいる人の救いの糸口になればと思う」と語った。
木村花さん中傷ツイート 投稿者に129万円賠償命令
花さんは2020年3月、番組内で出演者とのトラブルの様子を放映され、ネット交流サービス(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷が相次いだ後の同年5月23日に亡くなった。その後、男性は「あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう」と投稿。響子さんが「花を思う気持ちが侵害された」として提訴した。
男性側から反論がなかったことから、判決は男性が事実関係を認めたとみなし、投稿内容などを考慮して賠償額を決めた。
男性側から主張がなかったことに響子さんは「本当に悔しい。自分のしたことに向き合ってほしい」と述べた。花さんの死から間もなく1年となるが、「ゆがんだ正義感で批判という名の中傷をしている人が多いと思う」と話した。【遠山和宏】