沖縄県で過去最多203人の感染確認

新型コロナウイルスの感染拡大が続く沖縄県で19日、1日としては過去最多となる203人の感染者が新たに確認されました。
沖縄県の19日の感染者は203人で、沖縄で1日の感染者が200人を超えるのは初めてのことです。
沖縄県は、医療崩壊が迫っているとして、緊急事態宣言の対象地域に追加するよう政府に要請することを決め、玉城知事が19日午後、政府に要請します。
沖縄県は、国のまん延防止等重点措置の対象地域に指定されていますが、ゴールデンウイーク明けからの感染拡大に歯止めがかかっていません。