子育て給付金の申請不要に=両親いる世帯、マイナンバーで―政府

政府は19日、両親がいる低所得の子育て世帯への特別給付金について、市区町村への書類提出など申請作業が不要になったと発表した。
デジタル改革関連法が同日公布され、この給付金でマイナンバーを使った支給事務が可能となったため。早い自治体では6月下旬にも該当者の銀行口座などに直接支給する。
政府は3月、新型コロナウイルスの影響で困窮する人への緊急支援策を決定。ひとり親世帯だけでなく両親がいる住民税非課税の子育て世帯にも、子ども1人当たり5万円を支給する方針を打ち出した。ひとり親世帯には、児童扶養手当の振込先に支給されている。