九州南部を中心に局地的に激しい雨 天草市などに避難指示

梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で九州地方は20日、南部を中心に午前中から局地的に激しい雨となり、熊本県内4市町で避難指示が出された。避難情報をシンプルにするため、災害時に市区町村が発令する「避難勧告」は同日から「避難指示」に一本化されたが、その第1号になった。気象庁は21日にかけて、西日本から東日本の広い範囲で大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や河川の増水などに警戒するよう呼び掛けている。
【球磨川の様子】
気象庁は20日朝、熊本県天草・芦北地方や鹿児島県薩摩地方に土砂災害警戒情報(警戒レベル4相当)を発令。避難指示が出されたのは熊本県の水俣市▽天草市▽芦北町▽津奈木町。
21日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで▽九州南部・北部、四国、近畿250ミリ▽東海200ミリ▽関東甲信120ミリ▽中国、北陸100ミリ。その後24時間雨量は東海200~300ミリ▽近畿、関東甲信100~200ミリ――などと予想している。
福岡管区気象台によると、九州地方は20日夕から21日明け方にかけて大雨になる可能性が高く「ここ数日の雨で地盤が緩んでいる所があり、特に鹿児島県や熊本県は土砂災害に厳重な警戒が必要」としている。【植田憲尚】