国道崩落で車2台転落 男性2人が搬送 熊本・八代市

大雨警報が発表された熊本県八代市では国道が崩落し、車2台が転落しました。
(前田寛敬記者報告)
事故があったのは、去年7月の豪雨災害で氾濫した球磨川沿いの国道です。現在、大粒の雨が降っています。
国道の片側1車線分が約60メートルにわたって崩落しています。
そして、その下に軽自動車と軽トラックの2台が転落しています。
警察と消防によりますと、今月21日午前5時ごろ、「前を走っていた車2台が川に落ちた」と後ろを走っていた車の運転手から通報がありました。
軽自動車には74歳の男性が、軽トラックには工事関係者の64歳の男性が乗っていて、消防に救助されました。2人とも意識はあるということです。