紀州のドン・ファン“疑惑の未亡人”の意外な素顔 夫妻を知る女性が明かす

2018年5月に“紀州のドン・ファン”こと資産家の野崎幸助氏(当時77)が覚醒剤中毒死した事件。和歌山地検は19日、殺人と覚醒剤取締法違反の罪で元妻の須藤早貴被告(25)を起訴。裁判の行方に注目が集まる。そんな中、夫妻と面識があり、和歌山・那智勝浦のゴルフ場で早貴被告と一緒にプレーしたという和歌山在住の女性Aさんが日刊ゲンダイの取材に応じ、早貴被告の意外な素顔を語った。
“紀州のドン・ファン”元妻がAVに?本紙が掴んだビデオの中身
◇  ◇  ◇
結婚当初、野崎社長は結婚を報じた「フライデー」に婚姻届のコピーを挟んで周囲に配っていたんです。そのくらい奥さんの早貴ちゃんにベタ惚れで、私も婚姻届のコピーをもらいました。そんな縁もあって野崎社長が亡くなって3カ月経った夏に社長の運転手さんから「早貴ちゃんが5月からどこも出てなくてかわいそうだから、息抜きにゴルフ連れてこうと思うんだけど、一緒に来てくれないか」とお誘いがありました。同性で年上の私なら、彼女も気楽でいいだろうとお声がけいただいたんだと思います。
ゴルフ場にはブルーのゴルフウエアにエルメスのエンジ色のバーキン、新品のゴルフバッグで来たので驚きました。ウエアはブランド物、ゴルフ道具は10万じゃきかないけれど、もっと驚いたのはバーキン。最低でも150万円はする高級品ですから、私が「そんなんゴルフ場にいらんわ~!」と言ったら、早貴ちゃんは「えへっ」と首をかしげて、ほわんとした印象でしたね。 早貴ちゃんは一時、中国でモデルのお仕事していたと聞きました。日本じゃモデルは細いほうがいいけど、中国は早貴ちゃんみたいなグラマー体形のほうがウケがいいみたいです。ゴルフウエアはミニ丈のワンピース。身長もあるし、あの巨乳なので余計にミニになっていました。スイングするとパンツが見えそうだし、プレー前、大胆に脚を開いて日焼け止めクリームを塗るものだから、一緒に回ったオジサンたちは目のやり場に困っていました。 自己紹介では「早貴です」と言っただけだった気がするので、旧姓に戻していたかどうかわからないですね。ゴルフは全くの初心者で、クラブにボールが当たっただけで「やったー当たった!」「イェイ!」と小躍りする。思うようにボールが飛ばず、自分のボールを見失い「早貴ちゃんのボールどれ?」と聞かれると「白ですー」と言う。「全部白だわ!」と突っ込まれ、「えへっ」と笑みを浮かべる。昭和の“ぶりっ子”的なかわいげのある子でした。そういうところがオジサン心に刺さったんでしょう。プレー中“疑惑の嫁”がゴルフしているというので、人が集まってきても気にしていない様子でした。■「私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかった」 この日のランチは天ぷらそば、ゴルフを終えて、私は先に帰りましたが、焼き肉屋さんで飲みながら食事したそうです。早貴ちゃんも(野崎)社長も肉好きで、いつもお昼は近くの高級店でステーキ御膳などを食べ、夜は家政婦さんが作るご飯を食べていたそうですから、早貴ちゃんがお葬式の夜に焼き肉を食べていたと聞いても違和感はなかったですね。 ゴルフから1週間後、警察で「もしも彼女が犯人だとしたらどう思いますか?」と聞かれましたが、私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかったですね。社長の経営していた酒屋は、市価より安く買えるので地元ではとても人気でしたが、社長が亡くなって急に閉店し、地元の人は皆残念がっていました。運転手さんも退職金もなく困っているらしいですし、和歌山で社長を殺してメリットのある人なんていないって言われているんですよ。早く真犯人が逮捕されることを祈るばかりです。(取材・文=岩渕景子/日刊ゲンダイ)
早貴ちゃんは一時、中国でモデルのお仕事していたと聞きました。日本じゃモデルは細いほうがいいけど、中国は早貴ちゃんみたいなグラマー体形のほうがウケがいいみたいです。ゴルフウエアはミニ丈のワンピース。身長もあるし、あの巨乳なので余計にミニになっていました。スイングするとパンツが見えそうだし、プレー前、大胆に脚を開いて日焼け止めクリームを塗るものだから、一緒に回ったオジサンたちは目のやり場に困っていました。 自己紹介では「早貴です」と言っただけだった気がするので、旧姓に戻していたかどうかわからないですね。ゴルフは全くの初心者で、クラブにボールが当たっただけで「やったー当たった!」「イェイ!」と小躍りする。思うようにボールが飛ばず、自分のボールを見失い「早貴ちゃんのボールどれ?」と聞かれると「白ですー」と言う。「全部白だわ!」と突っ込まれ、「えへっ」と笑みを浮かべる。昭和の“ぶりっ子”的なかわいげのある子でした。そういうところがオジサン心に刺さったんでしょう。プレー中“疑惑の嫁”がゴルフしているというので、人が集まってきても気にしていない様子でした。■「私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかった」 この日のランチは天ぷらそば、ゴルフを終えて、私は先に帰りましたが、焼き肉屋さんで飲みながら食事したそうです。早貴ちゃんも(野崎)社長も肉好きで、いつもお昼は近くの高級店でステーキ御膳などを食べ、夜は家政婦さんが作るご飯を食べていたそうですから、早貴ちゃんがお葬式の夜に焼き肉を食べていたと聞いても違和感はなかったですね。 ゴルフから1週間後、警察で「もしも彼女が犯人だとしたらどう思いますか?」と聞かれましたが、私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかったですね。社長の経営していた酒屋は、市価より安く買えるので地元ではとても人気でしたが、社長が亡くなって急に閉店し、地元の人は皆残念がっていました。運転手さんも退職金もなく困っているらしいですし、和歌山で社長を殺してメリットのある人なんていないって言われているんですよ。早く真犯人が逮捕されることを祈るばかりです。(取材・文=岩渕景子/日刊ゲンダイ)
自己紹介では「早貴です」と言っただけだった気がするので、旧姓に戻していたかどうかわからないですね。ゴルフは全くの初心者で、クラブにボールが当たっただけで「やったー当たった!」「イェイ!」と小躍りする。思うようにボールが飛ばず、自分のボールを見失い「早貴ちゃんのボールどれ?」と聞かれると「白ですー」と言う。「全部白だわ!」と突っ込まれ、「えへっ」と笑みを浮かべる。昭和の“ぶりっ子”的なかわいげのある子でした。そういうところがオジサン心に刺さったんでしょう。プレー中“疑惑の嫁”がゴルフしているというので、人が集まってきても気にしていない様子でした。■「私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかった」 この日のランチは天ぷらそば、ゴルフを終えて、私は先に帰りましたが、焼き肉屋さんで飲みながら食事したそうです。早貴ちゃんも(野崎)社長も肉好きで、いつもお昼は近くの高級店でステーキ御膳などを食べ、夜は家政婦さんが作るご飯を食べていたそうですから、早貴ちゃんがお葬式の夜に焼き肉を食べていたと聞いても違和感はなかったですね。 ゴルフから1週間後、警察で「もしも彼女が犯人だとしたらどう思いますか?」と聞かれましたが、私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかったですね。社長の経営していた酒屋は、市価より安く買えるので地元ではとても人気でしたが、社長が亡くなって急に閉店し、地元の人は皆残念がっていました。運転手さんも退職金もなく困っているらしいですし、和歌山で社長を殺してメリットのある人なんていないって言われているんですよ。早く真犯人が逮捕されることを祈るばかりです。(取材・文=岩渕景子/日刊ゲンダイ)
■「私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかった」 この日のランチは天ぷらそば、ゴルフを終えて、私は先に帰りましたが、焼き肉屋さんで飲みながら食事したそうです。早貴ちゃんも(野崎)社長も肉好きで、いつもお昼は近くの高級店でステーキ御膳などを食べ、夜は家政婦さんが作るご飯を食べていたそうですから、早貴ちゃんがお葬式の夜に焼き肉を食べていたと聞いても違和感はなかったですね。 ゴルフから1週間後、警察で「もしも彼女が犯人だとしたらどう思いますか?」と聞かれましたが、私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかったですね。社長の経営していた酒屋は、市価より安く買えるので地元ではとても人気でしたが、社長が亡くなって急に閉店し、地元の人は皆残念がっていました。運転手さんも退職金もなく困っているらしいですし、和歌山で社長を殺してメリットのある人なんていないって言われているんですよ。早く真犯人が逮捕されることを祈るばかりです。(取材・文=岩渕景子/日刊ゲンダイ)
この日のランチは天ぷらそば、ゴルフを終えて、私は先に帰りましたが、焼き肉屋さんで飲みながら食事したそうです。早貴ちゃんも(野崎)社長も肉好きで、いつもお昼は近くの高級店でステーキ御膳などを食べ、夜は家政婦さんが作るご飯を食べていたそうですから、早貴ちゃんがお葬式の夜に焼き肉を食べていたと聞いても違和感はなかったですね。 ゴルフから1週間後、警察で「もしも彼女が犯人だとしたらどう思いますか?」と聞かれましたが、私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかったですね。社長の経営していた酒屋は、市価より安く買えるので地元ではとても人気でしたが、社長が亡くなって急に閉店し、地元の人は皆残念がっていました。運転手さんも退職金もなく困っているらしいですし、和歌山で社長を殺してメリットのある人なんていないって言われているんですよ。早く真犯人が逮捕されることを祈るばかりです。(取材・文=岩渕景子/日刊ゲンダイ)
ゴルフから1週間後、警察で「もしも彼女が犯人だとしたらどう思いますか?」と聞かれましたが、私にはとても1人で(殺人が)できるタイプには見えなかったですね。社長の経営していた酒屋は、市価より安く買えるので地元ではとても人気でしたが、社長が亡くなって急に閉店し、地元の人は皆残念がっていました。運転手さんも退職金もなく困っているらしいですし、和歌山で社長を殺してメリットのある人なんていないって言われているんですよ。早く真犯人が逮捕されることを祈るばかりです。(取材・文=岩渕景子/日刊ゲンダイ)