男子高校生が死亡 長崎でアパート火災

長崎・諫早市で21日夜、アパートで火事があり、16歳の男子高校生が死亡した。
警察や消防によると、21日午後8時15分ごろ、諫早市多良見町化屋のアパートの部屋の一部が焼ける火事があり、およそ20分後に消し止められた。
この部屋に住んでいた69歳の男性は外出していて無事だったが、16歳の男子高校生の孫が、部屋で倒れているのが発見された。
男子高校生は病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
男子高校生は、同じアパートの別の部屋に住んでいたということで、警察と消防は、男子高校生が死亡したいきさつや出火原因を調べている。