全日空が「機内ウエディング」 6月まで、使われない機体活用

「機内ウエディング」を終え、パイロットや客室乗務員と記念撮影する新郎新婦=23日午後、羽田空港
羽田空港に駐機している全日本空輸のボーイング777を使った「機内ウエディング」が23日、開かれた。新型コロナウイルスの影響で国際線を中心に大幅な減便が続く中、使われていない機体の活用策の一環。6月までの期間限定で、計7組が結婚式を挙げる。
この日、式を挙げたのは村上徹さんと麻美さん。出発ロビーで参列者やスタッフから「紙飛行機シャワー」で出迎えられた後、電動カートで搭乗口に移動。「全日空8888便」と名付けられた国際線用の大型機777―300ERに乗り込んだ。
国際線の機体は、座席などの仕様が国内線用と異なり、コロナ禍で使用頻度が激減している。