既婚者に聞いた!“結婚記念日”の決め方&失敗談「避けたほうが良い日って?」

そろそろ結婚したいな…なんて考えているみなさんは、いつを結婚記念日にしたいですか?
【画像でデータを見る】人から「やめたほうがいいと言われた日」ランキング
自分やパートナーの誕生日? ゾロ目? 記念日?縁結び大学が、20歳~55歳の既婚男女285人に、結婚記念日の決め方について行った調査結果を発表しました。
「いつ婚姻届を出すか」を悩んだ人の割合や、「結婚記念日として良くなかった」ことなど、これから婚姻届を提出する人の参考になる情報をご紹介します。
「結婚記念日(婚姻届を提出する日)をいつにするか悩みましたか?」という質問をしたところ、「あまり悩まなかった」「まったく悩まなかった」という人は76.1%でした。
反対に「少し悩んだ」「けっこう悩んだ」と答えた人は23.9%で、既婚者のうち4~5組に1組がいつ婚姻届を出すか悩んだ経験があったようです。
3か月前~6か月前に婚姻届けを出す日を決めた人が約30%、また「今日結婚しよう!」と、当日決めたカップルは10%もいました。
1年以上前に決めていた人は3.9%ですので、前から決めていたというよりも、何かのきっかけや思いつきで決めた人も多いのかもしれませんね。結婚記念日をその日にした理由は?大安などの「六輝(六曜)」や、その他の「縁起の良い日」、「一粒万倍日」、「天赦日」など、結婚記念日を決めるのに縁起が良いとされる日を選んだ人が比較的多いという結果になりました。また、「付き合い始めた日」や、「ふたりだけの記念日」、「ふたりが出会った日」など、ふたりにとっての特別な日を選んだという意見も一定数ありました。「覚えやすい日」の他、「どちらかの誕生日」や「ゾロ目の日」など、いつまでも忘れずにいられる日もポイントのようです。一番多かったのは2割の人が回答した「その他」という理由でした。例えば、「親に結婚の挨拶をした日」「ふたりで婚姻届けを提出できる最短の日」「パートナーの退職をきっかけに」「名字が『ごとう』なので、5月10日」など、さまざまな理由があるのですね!結婚記念日で多かった日は○月○日!今回調査した285人に結婚記念日を聞いたところ、『11月22日』に結婚した人が最も多く、16人という結果になりました。その他は、8月8日(7人)や12月24日(6人)が比較的多く、3月3日、5月1日、6月1日、7月7日、12月25日が5人ずつという結果でした。11月は結婚式シーズンということもあり、11月22日の『いい夫婦の日』は結婚記念日として最も人気があるようです。他にはキリが良い朔日(1日)にしたり、覚えやすいゾロ目の日やロマンチックなクリスマスも結婚記念日に選ばれているようです。入籍日や結婚記念日で避けた方がいい日とは?やめたほうが良いといわれた日とその理由は?約2割の人は「やめたほうが良い」と言われた経験があることがわかりました。ズバリその日とは、「どちらかの誕生日」「クリスマス」や「バレンタインデー」など、イベントの日を避けるようにアドバイスされた人もいたようです。その理由は、「どちらかの誕生日にすると、結婚記念日と誕生日を一緒に祝わないといけなくなる」、「『一般的なイベントの日と重なると、お祝いをしたくても予約が取れないことが多いよ』と友人から聞いたから」など、誕生日やイベントの日は結婚記念日とお祝いが重なってしまうので避けたほうが良いと言われた人も。結婚記念日を“その日”にして「良くなかった」ことは?この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
大安などの「六輝(六曜)」や、その他の「縁起の良い日」、「一粒万倍日」、「天赦日」など、結婚記念日を決めるのに縁起が良いとされる日を選んだ人が比較的多いという結果になりました。また、「付き合い始めた日」や、「ふたりだけの記念日」、「ふたりが出会った日」など、ふたりにとっての特別な日を選んだという意見も一定数ありました。「覚えやすい日」の他、「どちらかの誕生日」や「ゾロ目の日」など、いつまでも忘れずにいられる日もポイントのようです。一番多かったのは2割の人が回答した「その他」という理由でした。例えば、「親に結婚の挨拶をした日」「ふたりで婚姻届けを提出できる最短の日」「パートナーの退職をきっかけに」「名字が『ごとう』なので、5月10日」など、さまざまな理由があるのですね!結婚記念日で多かった日は○月○日!今回調査した285人に結婚記念日を聞いたところ、『11月22日』に結婚した人が最も多く、16人という結果になりました。その他は、8月8日(7人)や12月24日(6人)が比較的多く、3月3日、5月1日、6月1日、7月7日、12月25日が5人ずつという結果でした。11月は結婚式シーズンということもあり、11月22日の『いい夫婦の日』は結婚記念日として最も人気があるようです。他にはキリが良い朔日(1日)にしたり、覚えやすいゾロ目の日やロマンチックなクリスマスも結婚記念日に選ばれているようです。入籍日や結婚記念日で避けた方がいい日とは?やめたほうが良いといわれた日とその理由は?約2割の人は「やめたほうが良い」と言われた経験があることがわかりました。ズバリその日とは、「どちらかの誕生日」「クリスマス」や「バレンタインデー」など、イベントの日を避けるようにアドバイスされた人もいたようです。その理由は、「どちらかの誕生日にすると、結婚記念日と誕生日を一緒に祝わないといけなくなる」、「『一般的なイベントの日と重なると、お祝いをしたくても予約が取れないことが多いよ』と友人から聞いたから」など、誕生日やイベントの日は結婚記念日とお祝いが重なってしまうので避けたほうが良いと言われた人も。結婚記念日を“その日”にして「良くなかった」ことは?この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
また、「付き合い始めた日」や、「ふたりだけの記念日」、「ふたりが出会った日」など、ふたりにとっての特別な日を選んだという意見も一定数ありました。「覚えやすい日」の他、「どちらかの誕生日」や「ゾロ目の日」など、いつまでも忘れずにいられる日もポイントのようです。一番多かったのは2割の人が回答した「その他」という理由でした。例えば、「親に結婚の挨拶をした日」「ふたりで婚姻届けを提出できる最短の日」「パートナーの退職をきっかけに」「名字が『ごとう』なので、5月10日」など、さまざまな理由があるのですね!結婚記念日で多かった日は○月○日!今回調査した285人に結婚記念日を聞いたところ、『11月22日』に結婚した人が最も多く、16人という結果になりました。その他は、8月8日(7人)や12月24日(6人)が比較的多く、3月3日、5月1日、6月1日、7月7日、12月25日が5人ずつという結果でした。11月は結婚式シーズンということもあり、11月22日の『いい夫婦の日』は結婚記念日として最も人気があるようです。他にはキリが良い朔日(1日)にしたり、覚えやすいゾロ目の日やロマンチックなクリスマスも結婚記念日に選ばれているようです。入籍日や結婚記念日で避けた方がいい日とは?やめたほうが良いといわれた日とその理由は?約2割の人は「やめたほうが良い」と言われた経験があることがわかりました。ズバリその日とは、「どちらかの誕生日」「クリスマス」や「バレンタインデー」など、イベントの日を避けるようにアドバイスされた人もいたようです。その理由は、「どちらかの誕生日にすると、結婚記念日と誕生日を一緒に祝わないといけなくなる」、「『一般的なイベントの日と重なると、お祝いをしたくても予約が取れないことが多いよ』と友人から聞いたから」など、誕生日やイベントの日は結婚記念日とお祝いが重なってしまうので避けたほうが良いと言われた人も。結婚記念日を“その日”にして「良くなかった」ことは?この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
「覚えやすい日」の他、「どちらかの誕生日」や「ゾロ目の日」など、いつまでも忘れずにいられる日もポイントのようです。一番多かったのは2割の人が回答した「その他」という理由でした。例えば、「親に結婚の挨拶をした日」「ふたりで婚姻届けを提出できる最短の日」「パートナーの退職をきっかけに」「名字が『ごとう』なので、5月10日」など、さまざまな理由があるのですね!結婚記念日で多かった日は○月○日!今回調査した285人に結婚記念日を聞いたところ、『11月22日』に結婚した人が最も多く、16人という結果になりました。その他は、8月8日(7人)や12月24日(6人)が比較的多く、3月3日、5月1日、6月1日、7月7日、12月25日が5人ずつという結果でした。11月は結婚式シーズンということもあり、11月22日の『いい夫婦の日』は結婚記念日として最も人気があるようです。他にはキリが良い朔日(1日)にしたり、覚えやすいゾロ目の日やロマンチックなクリスマスも結婚記念日に選ばれているようです。入籍日や結婚記念日で避けた方がいい日とは?やめたほうが良いといわれた日とその理由は?約2割の人は「やめたほうが良い」と言われた経験があることがわかりました。ズバリその日とは、「どちらかの誕生日」「クリスマス」や「バレンタインデー」など、イベントの日を避けるようにアドバイスされた人もいたようです。その理由は、「どちらかの誕生日にすると、結婚記念日と誕生日を一緒に祝わないといけなくなる」、「『一般的なイベントの日と重なると、お祝いをしたくても予約が取れないことが多いよ』と友人から聞いたから」など、誕生日やイベントの日は結婚記念日とお祝いが重なってしまうので避けたほうが良いと言われた人も。結婚記念日を“その日”にして「良くなかった」ことは?この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
一番多かったのは2割の人が回答した「その他」という理由でした。例えば、「親に結婚の挨拶をした日」「ふたりで婚姻届けを提出できる最短の日」「パートナーの退職をきっかけに」「名字が『ごとう』なので、5月10日」など、さまざまな理由があるのですね!結婚記念日で多かった日は○月○日!今回調査した285人に結婚記念日を聞いたところ、『11月22日』に結婚した人が最も多く、16人という結果になりました。その他は、8月8日(7人)や12月24日(6人)が比較的多く、3月3日、5月1日、6月1日、7月7日、12月25日が5人ずつという結果でした。11月は結婚式シーズンということもあり、11月22日の『いい夫婦の日』は結婚記念日として最も人気があるようです。他にはキリが良い朔日(1日)にしたり、覚えやすいゾロ目の日やロマンチックなクリスマスも結婚記念日に選ばれているようです。入籍日や結婚記念日で避けた方がいい日とは?やめたほうが良いといわれた日とその理由は?約2割の人は「やめたほうが良い」と言われた経験があることがわかりました。ズバリその日とは、「どちらかの誕生日」「クリスマス」や「バレンタインデー」など、イベントの日を避けるようにアドバイスされた人もいたようです。その理由は、「どちらかの誕生日にすると、結婚記念日と誕生日を一緒に祝わないといけなくなる」、「『一般的なイベントの日と重なると、お祝いをしたくても予約が取れないことが多いよ』と友人から聞いたから」など、誕生日やイベントの日は結婚記念日とお祝いが重なってしまうので避けたほうが良いと言われた人も。結婚記念日を“その日”にして「良くなかった」ことは?この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
今回調査した285人に結婚記念日を聞いたところ、『11月22日』に結婚した人が最も多く、16人という結果になりました。その他は、8月8日(7人)や12月24日(6人)が比較的多く、3月3日、5月1日、6月1日、7月7日、12月25日が5人ずつという結果でした。11月は結婚式シーズンということもあり、11月22日の『いい夫婦の日』は結婚記念日として最も人気があるようです。他にはキリが良い朔日(1日)にしたり、覚えやすいゾロ目の日やロマンチックなクリスマスも結婚記念日に選ばれているようです。入籍日や結婚記念日で避けた方がいい日とは?やめたほうが良いといわれた日とその理由は?約2割の人は「やめたほうが良い」と言われた経験があることがわかりました。ズバリその日とは、「どちらかの誕生日」「クリスマス」や「バレンタインデー」など、イベントの日を避けるようにアドバイスされた人もいたようです。その理由は、「どちらかの誕生日にすると、結婚記念日と誕生日を一緒に祝わないといけなくなる」、「『一般的なイベントの日と重なると、お祝いをしたくても予約が取れないことが多いよ』と友人から聞いたから」など、誕生日やイベントの日は結婚記念日とお祝いが重なってしまうので避けたほうが良いと言われた人も。結婚記念日を“その日”にして「良くなかった」ことは?この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
11月は結婚式シーズンということもあり、11月22日の『いい夫婦の日』は結婚記念日として最も人気があるようです。他にはキリが良い朔日(1日)にしたり、覚えやすいゾロ目の日やロマンチックなクリスマスも結婚記念日に選ばれているようです。入籍日や結婚記念日で避けた方がいい日とは?やめたほうが良いといわれた日とその理由は?約2割の人は「やめたほうが良い」と言われた経験があることがわかりました。ズバリその日とは、「どちらかの誕生日」「クリスマス」や「バレンタインデー」など、イベントの日を避けるようにアドバイスされた人もいたようです。その理由は、「どちらかの誕生日にすると、結婚記念日と誕生日を一緒に祝わないといけなくなる」、「『一般的なイベントの日と重なると、お祝いをしたくても予約が取れないことが多いよ』と友人から聞いたから」など、誕生日やイベントの日は結婚記念日とお祝いが重なってしまうので避けたほうが良いと言われた人も。結婚記念日を“その日”にして「良くなかった」ことは?この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
約2割の人は「やめたほうが良い」と言われた経験があることがわかりました。ズバリその日とは、「どちらかの誕生日」「クリスマス」や「バレンタインデー」など、イベントの日を避けるようにアドバイスされた人もいたようです。その理由は、「どちらかの誕生日にすると、結婚記念日と誕生日を一緒に祝わないといけなくなる」、「『一般的なイベントの日と重なると、お祝いをしたくても予約が取れないことが多いよ』と友人から聞いたから」など、誕生日やイベントの日は結婚記念日とお祝いが重なってしまうので避けたほうが良いと言われた人も。結婚記念日を“その日”にして「良くなかった」ことは?この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
その理由は、「どちらかの誕生日にすると、結婚記念日と誕生日を一緒に祝わないといけなくなる」、「『一般的なイベントの日と重なると、お祝いをしたくても予約が取れないことが多いよ』と友人から聞いたから」など、誕生日やイベントの日は結婚記念日とお祝いが重なってしまうので避けたほうが良いと言われた人も。結婚記念日を“その日”にして「良くなかった」ことは?この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
この日を結婚記念日にして失敗した…と考えている人もいるようです。「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
「これといって思い入れもなく決めてしまったため、自分でも忘れそうになることがあります。」「結婚式を挙げた日と1ヶ月違いなので、たまにどちらの日が結婚記念日だったのかわからなくなるときがあります。」「自分の誕生日にしたのですが、誕生日のイメージが強すぎて、いつも結婚記念日だということを忘れてしまいます。」という意見や、イベントと同じ場合はそちらの印象が強かったり、結婚記念日としてはゆっくりお祝いできなかったり、プレゼントを2つ用意しないといけないなどの意見もありました。*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
*結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
結婚記念日が「いい夫婦の日」や「誕生日」「クリスマス」だと覚えやすい反面、同じ記念日の人が多かったりお祝い事が重なったりするデメリットがあります。また、何でもない日にすると、忘れてしまうというリスクを伴います。どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!
どの日も一長一短あるので、ふたりが納得する日を選ぶのが一番といえそうです。今回のアンケート結果を参考にして、ふたりにふさわしい結婚記念日を選んでくださいね!