「ハプニング」「放送事故」で広告料1億円荒稼ぎ アダルトサイトに女性アスリート画像転載で初の逮捕

「美人アスリート」なる言葉はもう死語となるかもしれない。警視庁が今月、女性アスリートの画像を無断でアダルトサイトに投稿したとして著作権法違反容疑で、サイトの運営者を逮捕した。近年、女性アスリートの性的な扱いについて非難が高まっていることを受けて初めての逮捕だが、そこにはスポーツ界の「原罪」も見え隠れする。
【写真】この記事の写真を見る(7枚)
「エロハプニングシーン」「放送事故」……アダルトサイトに、そんな刺激的な見出しとともに、ある女性アスリートのきわどい画像が掲載されていた。運営していたのは、京都府在住の自営業、小山幸祐容疑者(37)。警視庁保安課が著作権法違反容疑で逮捕した。
小山容疑者は9つに上るアダルトサイトを運営し、サイトを訪れた人が落とす広告費などで約10年間で1億円以上を稼いでいたという。サイトには女性の裸姿の写真などのアダルト画像も載せていたが、特別に「アスリート」の項目も設け、ほかのアダルト画像と一緒に掲載していたようだ。
小山幸祐容疑者(女性選手画像転載疑い  警視庁四谷署に入る) 共同通信社
警視庁は日本オリンピック委員会(JOC)からアスリートの画像を性的に扱った被害報告を1000件前後受けており、今回の事件はその氷山の一角。小山容疑者は「逮捕されるとは思わなかった」と供述しているといい、同様のサイト運営者は、いまごろ首筋に冷たい風を感じているに違いない。
ただ、小山容疑者の逮捕容疑は、2019年5月に女性アスリートの画像39点をテレビから無断で切り出して、自分のサイトに掲載し、不特定多数に見られるようにした、というもの。 こうした著作権法違反事件は本来、警視庁の別の部署が担当し、わいせつ画像などを扱う保安課は本来、門外漢だが、捜査関係者は「画像自体はわいせつな画像とまでは認定できず、著作権法違反で立件するしかなかった」と話す。 こうした画像は多くは競技の映像から、乳房や臀部をクローズアップしたもの。こうした画像までわいせつ画像と認定してしまえば、通常の競技映像や写真までわいせつ画像と認定されかねず、立件には自ずから限界があるという。 裏を返せば、今回の直接の被害者はアスリートではなく、著作権を侵害されたテレビ局。テレビの画像ではなく、ファン自らが撮影した画像であれば、立件できなかった可能性があるということだ。スポーツ盗撮は取り締まりに限界 もともと、アスリートはスポーツで不特定多数に見られるのが大前提の存在。テレビ画像の無断使用も後を絶たず、メディア側も著作権法違反の画像を見つけ次第、取り下げさせているが、あまりに多すぎてどうにもならないのが現状だ。 こうした現状に危機感を覚えたのが当の女性アスリートたちだ。昨夏、日本代表経験者を含む陸上競技の複数の女性選手が日本陸上競技連盟のアスリート委員会に相談。JOCも取り上げる事態となり、昨年11月にはこうした写真や動画をアスリートへの「性的ハラスメント」と位置づけ、競技会場での啓発活動も始まった。 競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
こうした著作権法違反事件は本来、警視庁の別の部署が担当し、わいせつ画像などを扱う保安課は本来、門外漢だが、捜査関係者は「画像自体はわいせつな画像とまでは認定できず、著作権法違反で立件するしかなかった」と話す。 こうした画像は多くは競技の映像から、乳房や臀部をクローズアップしたもの。こうした画像までわいせつ画像と認定してしまえば、通常の競技映像や写真までわいせつ画像と認定されかねず、立件には自ずから限界があるという。 裏を返せば、今回の直接の被害者はアスリートではなく、著作権を侵害されたテレビ局。テレビの画像ではなく、ファン自らが撮影した画像であれば、立件できなかった可能性があるということだ。スポーツ盗撮は取り締まりに限界 もともと、アスリートはスポーツで不特定多数に見られるのが大前提の存在。テレビ画像の無断使用も後を絶たず、メディア側も著作権法違反の画像を見つけ次第、取り下げさせているが、あまりに多すぎてどうにもならないのが現状だ。 こうした現状に危機感を覚えたのが当の女性アスリートたちだ。昨夏、日本代表経験者を含む陸上競技の複数の女性選手が日本陸上競技連盟のアスリート委員会に相談。JOCも取り上げる事態となり、昨年11月にはこうした写真や動画をアスリートへの「性的ハラスメント」と位置づけ、競技会場での啓発活動も始まった。 競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
こうした著作権法違反事件は本来、警視庁の別の部署が担当し、わいせつ画像などを扱う保安課は本来、門外漢だが、捜査関係者は「画像自体はわいせつな画像とまでは認定できず、著作権法違反で立件するしかなかった」と話す。 こうした画像は多くは競技の映像から、乳房や臀部をクローズアップしたもの。こうした画像までわいせつ画像と認定してしまえば、通常の競技映像や写真までわいせつ画像と認定されかねず、立件には自ずから限界があるという。 裏を返せば、今回の直接の被害者はアスリートではなく、著作権を侵害されたテレビ局。テレビの画像ではなく、ファン自らが撮影した画像であれば、立件できなかった可能性があるということだ。スポーツ盗撮は取り締まりに限界 もともと、アスリートはスポーツで不特定多数に見られるのが大前提の存在。テレビ画像の無断使用も後を絶たず、メディア側も著作権法違反の画像を見つけ次第、取り下げさせているが、あまりに多すぎてどうにもならないのが現状だ。 こうした現状に危機感を覚えたのが当の女性アスリートたちだ。昨夏、日本代表経験者を含む陸上競技の複数の女性選手が日本陸上競技連盟のアスリート委員会に相談。JOCも取り上げる事態となり、昨年11月にはこうした写真や動画をアスリートへの「性的ハラスメント」と位置づけ、競技会場での啓発活動も始まった。 競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
こうした画像は多くは競技の映像から、乳房や臀部をクローズアップしたもの。こうした画像までわいせつ画像と認定してしまえば、通常の競技映像や写真までわいせつ画像と認定されかねず、立件には自ずから限界があるという。 裏を返せば、今回の直接の被害者はアスリートではなく、著作権を侵害されたテレビ局。テレビの画像ではなく、ファン自らが撮影した画像であれば、立件できなかった可能性があるということだ。スポーツ盗撮は取り締まりに限界 もともと、アスリートはスポーツで不特定多数に見られるのが大前提の存在。テレビ画像の無断使用も後を絶たず、メディア側も著作権法違反の画像を見つけ次第、取り下げさせているが、あまりに多すぎてどうにもならないのが現状だ。 こうした現状に危機感を覚えたのが当の女性アスリートたちだ。昨夏、日本代表経験者を含む陸上競技の複数の女性選手が日本陸上競技連盟のアスリート委員会に相談。JOCも取り上げる事態となり、昨年11月にはこうした写真や動画をアスリートへの「性的ハラスメント」と位置づけ、競技会場での啓発活動も始まった。 競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
裏を返せば、今回の直接の被害者はアスリートではなく、著作権を侵害されたテレビ局。テレビの画像ではなく、ファン自らが撮影した画像であれば、立件できなかった可能性があるということだ。スポーツ盗撮は取り締まりに限界 もともと、アスリートはスポーツで不特定多数に見られるのが大前提の存在。テレビ画像の無断使用も後を絶たず、メディア側も著作権法違反の画像を見つけ次第、取り下げさせているが、あまりに多すぎてどうにもならないのが現状だ。 こうした現状に危機感を覚えたのが当の女性アスリートたちだ。昨夏、日本代表経験者を含む陸上競技の複数の女性選手が日本陸上競技連盟のアスリート委員会に相談。JOCも取り上げる事態となり、昨年11月にはこうした写真や動画をアスリートへの「性的ハラスメント」と位置づけ、競技会場での啓発活動も始まった。 競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
裏を返せば、今回の直接の被害者はアスリートではなく、著作権を侵害されたテレビ局。テレビの画像ではなく、ファン自らが撮影した画像であれば、立件できなかった可能性があるということだ。スポーツ盗撮は取り締まりに限界 もともと、アスリートはスポーツで不特定多数に見られるのが大前提の存在。テレビ画像の無断使用も後を絶たず、メディア側も著作権法違反の画像を見つけ次第、取り下げさせているが、あまりに多すぎてどうにもならないのが現状だ。 こうした現状に危機感を覚えたのが当の女性アスリートたちだ。昨夏、日本代表経験者を含む陸上競技の複数の女性選手が日本陸上競技連盟のアスリート委員会に相談。JOCも取り上げる事態となり、昨年11月にはこうした写真や動画をアスリートへの「性的ハラスメント」と位置づけ、競技会場での啓発活動も始まった。 競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
裏を返せば、今回の直接の被害者はアスリートではなく、著作権を侵害されたテレビ局。テレビの画像ではなく、ファン自らが撮影した画像であれば、立件できなかった可能性があるということだ。スポーツ盗撮は取り締まりに限界 もともと、アスリートはスポーツで不特定多数に見られるのが大前提の存在。テレビ画像の無断使用も後を絶たず、メディア側も著作権法違反の画像を見つけ次第、取り下げさせているが、あまりに多すぎてどうにもならないのが現状だ。 こうした現状に危機感を覚えたのが当の女性アスリートたちだ。昨夏、日本代表経験者を含む陸上競技の複数の女性選手が日本陸上競技連盟のアスリート委員会に相談。JOCも取り上げる事態となり、昨年11月にはこうした写真や動画をアスリートへの「性的ハラスメント」と位置づけ、競技会場での啓発活動も始まった。 競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
もともと、アスリートはスポーツで不特定多数に見られるのが大前提の存在。テレビ画像の無断使用も後を絶たず、メディア側も著作権法違反の画像を見つけ次第、取り下げさせているが、あまりに多すぎてどうにもならないのが現状だ。 こうした現状に危機感を覚えたのが当の女性アスリートたちだ。昨夏、日本代表経験者を含む陸上競技の複数の女性選手が日本陸上競技連盟のアスリート委員会に相談。JOCも取り上げる事態となり、昨年11月にはこうした写真や動画をアスリートへの「性的ハラスメント」と位置づけ、競技会場での啓発活動も始まった。 競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
こうした現状に危機感を覚えたのが当の女性アスリートたちだ。昨夏、日本代表経験者を含む陸上競技の複数の女性選手が日本陸上競技連盟のアスリート委員会に相談。JOCも取り上げる事態となり、昨年11月にはこうした写真や動画をアスリートへの「性的ハラスメント」と位置づけ、競技会場での啓発活動も始まった。 競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
競技会場では無断撮影を禁じる会場も増えてきているが、撮影機器が多様化したいまでは、完全に禁じることは不可能に近い。しかも、服の中などを撮影する行為であれば、都道府県の迷惑防止条例で禁じられた「盗撮行為」として取り締まれるが、単なる競技映像の盗み撮りは盗撮行為としては立件できない。 法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
法務省の性犯罪に関する法整備を検討する刑事法検討会ではこうした従来では犯罪に該当しなかった盗撮行為の違法化も議論されているが、どこまで範囲を広げるかなど課題は山積みで法制化されるか見通しは立っていない。「かわいい子やったら人気出る」スポーツ界の「原罪」 重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
重い腰を上げ、当局とも連携しながら女性アスリートの権利擁護に努め始めたスポーツ界。ただ、ある捜査関係者は「もともと、スポーツ界が放置してきたことにも一因はあるのではないか」とスポーツ界の怠慢も批判する。「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
「美人アスリート」「氷上の妖精」などの表現で容姿端麗なアスリートを賛美してきたのはメディアであり、それを愛でる視聴者だったといえる。だが、それはスポーツ界の協力あってのことでもあった。 スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
スポーツ団体のなかには競技以外のプライベートショットを掲載した女性アスリートの写真集を出版した団体もある。露出度の高いスポーツの某団体幹部が「かわいい子やったら人気が出る」と考え、女性アスリートをスカウトした秘話を過去にメディアで披露したこともあった。 もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
もちろん、単に容姿を讃えるのと、性的な目でアスリートを見ることには大きな懸隔がある。スポーツに興行の側面がある限り、好奇の目と全く無縁でいることも難しい。商業主義に毒された五輪と同様、スポーツの愛で方自体が曲がり角に来ているのかもしれない。(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))
(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))