脱走ヘビ騒動ようやく解決、飼い主の男性「ご心配おかけした」

横浜市戸塚区のアパートの部屋からいなくなった体長約3・5メートルのアミメニシキヘビが22日、このアパートの屋根裏で見つかり、専門家らによって捕獲された。
“脱走”から半月余り。けが人は確認されておらず、近隣住民を怖がらせた騒動はようやく解決した。
ヘビは今月6日、アパート2階に住んでいた飼い主の20歳代男性の留守中にいなくなった。神奈川県警が警官延べ約270人を投入して付近の雑木林などを捜したものの発見できず、21日に打ち切った。日本爬虫(はちゅう)類両生類協会の白輪剛史理事長(52)らが改めて22日にアパート内部を確認したところ、屋根裏の鉄骨の上で、とぐろを巻いていたという。
白輪理事長は「部屋の窓から外に出て、建物の隙間から屋根裏に入ったのだろう」と推測。飼い主の男性がこのヘビを手放す意思を示したため、横浜市がいったん預かるという。
男性は「近隣の方々にご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありません」と話した。