同居知人を精神的支配か 容疑者「しつけだった」大阪の傷害致死

大阪府豊中市の集合住宅で約2年前、同居していた知人男性を暴行して死亡させたとして、大阪府警は24日、無職の藤尾明彦容疑者(63)=豊中市西緑丘3=を傷害致死の疑いで逮捕した。藤尾容疑者は知人男性の預貯金や年金を管理し、「しつけ」と称して木刀で殴るなどしていた。府警は知人男性を精神的に支配していた疑いもあるとみている。
高須氏「逮捕に驚いた、責任は僕に」
逮捕容疑は2019年1月上旬~中旬、当時住んでいた同市の集合住宅の一室で、無職の藤原充司(みつし)さん(当時64歳)の頭や胸を木刀で殴るなどし、1月22日に死亡させたとしている。
捜査1課によると、藤尾容疑者は「(藤原さんが)うそをつき、他人に迷惑をかけるので暴行がエスカレートした。しつけだった」と供述している。ただ、死亡の経緯については「玄関で倒れて頭を打ったのが原因ではないか」と話し、容疑を一部否認している。
藤尾容疑者が、自宅のトイレ内で死亡している藤原さんを見つけて119番。司法解剖の結果、多数の打撲痕や皮下血腫が見つかった。暴行によって急死した疑いがあるとみて捜査を続けていた府警が逮捕に踏み切った。
2人は16年4月ごろに知り合った。藤原さんは当時、民間会社のクレーム対応部署に勤務。再三苦情を訴えていたのが藤尾容疑者だった。詳しい経緯は不明だが、2人は次第に親交を深め、藤尾容疑者が藤原さんの借金の一部を肩代わり。藤原さんは18年6月から、藤尾容疑者と妻が暮らす家に居候するようになり、同12月には自らの一軒家を売却して離婚した。 藤尾容疑者はこの家の売却代金1000万円に加え、2カ月で28万円となる藤原さんの年金を普段から管理し、自由に使えないようにしていた。家賃の半分に当たる約7万円は藤原さんから徴収していた。府警はこうした2人の関係と、エスカレートしていった暴行の経緯に着目して捜査している。【安元久美子、森口沙織、清水晃平】
藤尾容疑者はこの家の売却代金1000万円に加え、2カ月で28万円となる藤原さんの年金を普段から管理し、自由に使えないようにしていた。家賃の半分に当たる約7万円は藤原さんから徴収していた。府警はこうした2人の関係と、エスカレートしていった暴行の経緯に着目して捜査している。【安元久美子、森口沙織、清水晃平】