都 新たに5人がインドで蔓延の変異株感染

東京都内で新たに男性5人が、インドで蔓延していて、感染力が強いとされる「L452R」に感染していたことが分かりました。
感染していたのは、30代と40代の男性5人で、海外渡航歴はありませんが、知人10数人で同居していて、その中に南アジアへの渡航歴がある人がいました。保健所は、変異株クラスターが起きたと見て調べています。